【どうやって?】木から透けるデジタル時計は2度見確実の高品質

「JSK-koubou」(登録者数103万人)よりご紹介します。

このチャンネルの投稿者さんは、誰も思いつかないアイデアで、さまざまな素敵なアイテムを創作し続ける人気のクリエイターです。

今回は、数ある動画の中から「木から透けるデジタル時計」の制作動画に注目したいと思います。

見た目はキレイでありながらトリッキー、どうやって作っているのか気になる時計です。

平安きりん

ではさっそく見どころなどを中心にみていきましょう。

思わず2度見してしまう時計

テーブルの角に、電源オフの時の時計が置かれている様子を映した場面です。
出典 : YouTube

今回の作品は、木という自然とデジタルという人工物の調和が感じられるものになっています。

繊細な雰囲気もあり、そして品も良く、DIYで作ったとは思えないほどの高いクオリティです。

ポイント

本体から時計のデジタル数字が透けて見えるようになっている

電源を入れる前の状態は、積み木のようになっています。

しかし電源を入れて、時間が表示されると思わず2度見してしまうような仕上りの作品です。

やっぱり作るの難しいんでしょ?

平安きりん

ちょっと頑張れば制作できますよ。

材料は全部簡単に手に入る

どこからどこまでをDIYしているのかが気になりますが、ここではまず主な材料を紹介します。

材料
  • デジタル時計キット
  • アダプター
  • MDFボード(厚さ5.5mm)
  • 突板(シールタイプ)

全てネットで簡単に購入することができます。

ちなみにMDFボードというのは、家具や什器によく使われており、実は普段の生活でも馴染みのあるものです。

平安きりん

簡単に言うと木の板ですが、木材の原料チップを蒸煮・解繊したものに合成樹脂を加えて成形した板のことですよ。

中級レベルで楽しめる工作

投稿者さんによれば、制作時間は約3時間とのことです。

これほどのクオリティがたったの3時間というのは驚きですが、そこまで難易度は高くないということでしょう。

レベル的にはDIY中級者であれば、動画を参考にしながら作れると思います。

これを作って友達に自慢したいね。

役立つテクニック満載

デジタル時計キットのはんだを一部取り除いている様子を映した場面です。
出典 : YouTube

この動画はDIYをする人にとって、役立つテクニックが満載なのことも魅力のひとつです。

完成度の高いものを制作する時には、細かなテクニックは必須ですが、それを動画で学べます。

平安きりん

いろいろテクニックを知ると、他の作品作りの際に応用もできるでしょう。

また、作業がとても丁寧なのも特徴のひとつです。

その様子はDIY初心者の方のお手本にもなり、参考になる部分はたくさんあるでしょう。

これが作れればレベルアップ

作業途中の未完成のデジタル時計が、作業台に置かれている様子を映した場面です。
出典 : YouTube

繰り返しますが、この「木から透けるデジタル時計」は、ちょっと頑張れば作れると思います。

動画でも分かりやすくポイントを押さえて撮影・編集されていますので、そのまま再現すれば同じものを作ることが可能です。

ポイント

これを作ってDIYレベルをアップさせる

ちょっと難しそうだなと感じる人は、この作品をDIYのレベルアップ作品と位置付けてチャレンジしてみることをおすすめします。

これを完成させることができれば、アイデア次第で作品作りの範囲が一気に広がるでしょう。

きっと自信もつくわね。

今回は、デジタル部分が透けて見える素敵な作品を紹介しました。

DIY好きの人も、そうでない人にも一見の価値のある素晴らしい作品になっています。

こんな方におすすめ
  • DIYが趣味の方
  • DIYレベルを上げたい方
  • 素敵な作品を見るのが好きな方
  • 淡々と作業する制作系動画をお探しの方
  • 人気のDIY系チャンネルに興味のある方

いろいろお伝えしましたが、百聞は一見に如かず、ぜひこの機会に動画を観てみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2