【木工DIY】4種類の自作治具で引出し付きキャビネットを作る

「JSK-koubou」(登録者数102万人)よりご紹介します。

国内以外にも、海外でも人気があるJSK-koubouチャンネルの中から今回は自作(ジグ)の治具を使いキャビネットを作る動画のご紹介です。

メインは自作の治具

字幕や作り方の説明などは特にありません。ただ、沢山の自作治具を使ってキャビネットを作っています。

具体的にどのシーンでどのような自作の治具が使われているのか?という所にフォーカスしている動画です。

平安きりん

治具の使い方がわからない方や、作業効率化のために治具の作成を考えている方には必見ですよ。

それでは、それぞれの自作治具でどのようなことが出来るのかを紹介していきます。

丸鋸用の治具

丸鋸用の治具を壁掛けにした場合の収納イメージ画像
出典 : YouTube

直角に切り出せるだけではなく、45度などの好きな角度、好きな長さで固定することが出来ます。

また、床に置いて使う方法と、壁にかけても使えるように工夫して作っています。

この治具の用途
  • 丸鋸で精度の高いパーツが作れる
  • 同じパーツを量産できる

特に、同じ長さ・角度のパーツを量産したい時にはかなり使えます。

ホームセンターに行けば1回いくらかでお願いすることもできるのですが、パーツが多くなってくると、値段もします。

今後のためには、ぜひ作っておきたい治具です。

平安きりん

壁に掛けられるのであれば、収納にも助かりますよね。

線を引くための治具

取り回しはしやすいが線を引く長さが限られる治具画像
出典 : YouTube

有名なのはL字の定規ですよね。ただ取り回しが悪いのと必ず端を起点としなければいけないので、線が引きづらいのが難点なんです。

平安きりん

この治具は、稼働式なので起点の位置を自分で自由に決めることが出来ます。

しかも、L字の定規に比べてコンパクトで取り回しもかなり楽です。

ルーター用の治具

ルーター用の治具の大きさを調節している画像
出典 : YouTube

ルーターとは開けた穴を拡張したり、角をとって丸くする為の工具ですが、フリーハンドでやるのは失敗しやすく至難の業。

一般的には鉛筆などでマーキングし、それに合わせて削っていくものなのですが、この治具ではガイドを作り一定以上削れなくしています。

これにより削りすぎてしまうことが無くなり、失敗が防止できるという治具です。

この治具の用途
  • 失敗なく一定の大きさに削ることが可能
  • ただし、形が四角に限られる

仕様だと四角くしか穴をあけられませんが、工夫次第で応用が利きそうです。

平安きりん

動画ではキャビネットの蝶番をつけるために使っています。

ダボ穴づくり用の治具

ダボ穴治具に自分のチャンネルのロゴを印刷し見せている画像
出典 : YouTube

ダボとは、木材同士をつなぐときに、穴と細長い木片とをつなぎ合わせる技法のことです。

強度も出ることから最も有名な木のつなぎ合わせ方として知られています。

この治具の用途
  • 一定の間隔でダボ穴があけられる
  • ほぼ直角にダボ穴をあけることができる

例えば、ダボ穴を空けたい木材が直角や水平ではなかったとしたら、真っすぐにダボ穴を空けることはかなり難しいと思います。

そんな時に使えるのがこの治具です。クランプである程度固定してしまえば、簡単に真っすぐなダボ穴を空けることが出来ますよ。

平安きりん

治具もメインは端材で簡単に作ることが出来ます。

自作治具の作り方も動画になってる

実は、今回ご紹介した自作治具それぞれに、その作り方を公開した個別の動画があるんです。

こんな自作の治具があればこれまで手間と思っていた作業も楽になりますよね。

治具作成動画につきましては、字幕で分かりやすく解説している動画もあります。是非この動画と合わせてチェックしてみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2