【あると便利】丸ノコで長板をまっすぐ切断するためのガイドの作り方

「JSK-koubou」(登録者数101万人)よりご紹介します。

今回は、ベニアなど長さのある板をまっすぐに切断する時にあると便利なソーガイドを紹介します。

ガイドは市販で買うことができますが、ハンドメイドなら微調整をしたい時に自作なら簡単にできるのがメリット。

今回のように、2m近い長板を切断したい時に使えるガイドというのは、作ってしまうのが一番早いです。

ガイドの必要性

なぜガイドがあったほうがいいか説明します
出典 : YouTube

たくさんのガイドを揃えるのは大変ですが、この丸ノコガイドは、安くて簡単に作ることができるのでおすすめです。

JSK-koubouでは、直線にカットするためのガイドをいくつか製作していますが、今回は全長1820mmと一番長いです。

例えば、2m近い本棚やラック、テーブルなどの木材を切断する時にあると便利です。

治具ってあったほうがいいんですか?

丸ノコのような電動工具の操作は、慣れていても直線・直角を正確に切断するのは難しくコツが必要です。ガイドがあることでまっすぐカットできるので、あった方がおすすめです。

平安きりん

DIY初心者じゃなくても、まっすぐカットするのは難しいです。職人さんでも、木材をクランプで固定したり、長い切断では道具を使ったりします。

ガイドのメリット

丸ノコやテーブルソーなど高速回転する工具は、キックバックといって木材の跳ね返りによる衝撃があります。ガイドを使うことで、板を押さえなくていいのでしっかり丸ノコを持つことができますよ。

材料について

必要な材料について説明します
出典 : YouTube

では、次にガイド作りに必要な材料を紹介します。

必要な材料
  • アルミアングル(母屋枠)
  • ボルト&ナット
  • 合板9mm

アルミアングルと長板は同じものを買うか、同じ長さに切り揃える。

ガイドになる板は合板やベニヤ板など、重すぎない木材にしましょう。

製作に必要な用具
  • 丸ノコ
  • 両面テープ
  • インパクトドライバー
  • クランプ
  • 糸鋸

ガイドの組みたて方

では、ガイドの作り方を説明します
出典 : YouTube

木をガイドにすると摩耗で削られてしまい使っていくうちに誤差が出でしまうため、耐摩耗性の高いアルミアングルを採用。

しかし、さすがに長さがあるため取り付けの時にアルミアングル自体が曲がってしまいます。

木材に直線を引いて、職人のようにスミつけをする作業もあるので、気になる方はどのようにしてつけるのか確認できます。

アルミアングルの取り付け方

取り付け方は、いくつかのポイントがあります。墨付け、両面テープネジ留めなどどれも直角が曲がらないようにするためのテクニックを動画で見ることができます。

試し切りしてみる

まずは作ったガイドで試し切りをしてみます
出典 : YouTube

長板にアルミアングルを取り付けただけですが、ガイドが完成しました。

丸ノコの使い方

ガイドを頼りに丸ノコを滑らせるだけなので、テクニックも不要。動画では、丸ノコの滑りが悪い時の処置もチェックできます。

スムーズに切断できれば、作業効率もアップするので取り入れたいテクニックです。

最後の試し切りを見ると、長板を軽々とカットしているので、ガイドってやっぱり便利だなと思わせてくれました。

まとめポイント

製作は簡単で、活躍する機会が多い道具です。切りたい長さに合わせて都度ガイドを製作することで、いろいろなサイズに対応できます。

JSK-koubouでは、直角にカットができる手持ちのソーガイドの動画も人気です。自作で作ることで練習にもなって一石二鳥。

ガイドがあれば、正確に作ることができるので、DIYがどんどん楽しくなりますよ。ぜひ、動画をチェックしてみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2