【服の失敗が減りました】ミニマリストが実践する服選びのコツ

「いざわひとみ暮らしの整理研究所」(登録者数2,080人)よりご紹介します。

「良いな」と思って購入した服も、いざ買ってみると「失敗だったな」と感じた経験が何度かあるのではないでしょうか。

どうせ買うなら満足できるものを買いたいですよね。

今回の動画では、服選びの失敗を減らす方法が紹介されています。

平安きりん

いざわさんはこの方法を使うようになってから、服選びの失敗が減ったそうです。

実際に効果を感じている方法なら、試してみる価値はありますね。

「失敗しない服選びの方法を知りたい」という方は、ぜひ動画をチェックしてみてください。

服選びに失敗しないコツ

実際にやっている服選びの失敗を減らす方法を紹介します
出典 : YouTube

服を手放すときは、どのようなことを考えていますか。

服選びに失敗したとしても「買って失敗だったな」と思う程度で、特に深くは考えないという方も多いのではないでしょうか。

平安きりん

いざわさんによると、服は「手放すとき」が本当に大事だそうです。

手放すときにしっかりと精算することで、次に活かすことができ服選びの失敗を減らしていけます。

精算をする理由とは

なぜ服を手放すときに精算を行うのか、精算をすることでどんな効果を感じているのか、動画で理由を確認してみましょう。

この話は手放し対象の服を思い浮かべながら、聞いていただきたいそうです。

手放したい服を思い浮かべたら、早速動画をチェックしてみてください。

服の精算はどうすればいい?

具体的な精算方法を紹介します
出典 : YouTube

服を精算するとは、服にかかった1日当たりのコストを計算することです。

とは言っても、1日当たりのコストなんてどうやって計算すればいいのか、わかりませんよね。

精算方法を確認

具体的な計算の仕方については動画で紹介されているので、ぜひ参考にしてください。

実際に着用していた服を例に挙げて計算の仕方を説明してくれているので、同じように進めれば簡単に精算ができるはずです。

ぜひ動画を参考にしながら、手放しを考えている服を精算してみてください。

数値化するメリット

精算して数字を出すのは意味があります
出典 : YouTube

服の精算のために計算をするのはめんどうに思うかもしれませんが、数値化することには大きなメリットがあります。

数値化することで価値基準が明確になり、手放す服が価値基準を上回っているのか下回っているのか比較がしやすくなるのです。

この服はなんとなく良かったな悪かったなとぼんやり思うのと、具体的な数字を出して服の価値を測るのとでは全然違いますね。

手放す服が割高だったなと感じたのであれば、同じように服選びで失敗しないようにしっかりと経験を活かしていきましょう。

失敗を今後に活かす方法は、動画の中で紹介されているのでぜひ参考にしてください。

何着も精算をしてみよう

精算を行ううえで大切なことを話しています
出典 : YouTube

精算は何着か行ってみることが大切だそうです。一着や二着であまり効果が感じられないと、簡単に諦めないようにしましょう。

繰り返し精算を行う中で自分にしか見えない感情が見え、感情を見つめることで自ずと服の失敗を減らしていけるそうです。

具体的にどのような感情が芽生えてくるのか、ぜひ動画で確認してみてください。

残念な服の失敗をなくそう

今回はいざわひとみ暮らしの整理研究所から、服の失敗を減らす方法を紹介しました。

平安きりん

服の失敗を減らすためには、今までの失敗を次につなげることが大切。そのために重要となるのが、服を手放すときの「精算」です。

精算を行うことで服を購入する際の意識も変わり、服の失敗を減らしていけるでしょう。

今まで精算を意識したことがなかったという方は、ぜひ動画を参考にしながら実際に精算をしてみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2