【肌が弱い方必見】肌がかゆくならない洗剤の選び方と洗い方

「掃除塾のミナミさん」(登録者数2,390人)よりご紹介します。

今回の動画は、「肌に優しい洗濯の方法・洗剤の選び方」を解説しています。服を着ていて、肌がかゆいな感じた経験があれば必見です。

その原因が洗剤の場合、肌がかゆくなりにくい洗剤の選び方と、洗濯の方法について、分かり易く解説してくれています。

平安きりん

それでは、早速動画のポイントをチェックしていきましょう。

肌がかゆくなる原因の一つは〇〇〇〇〇

代表的なおしゃれ着洗剤「エマール」と「アクロン」
出典 : YouTube

肌に優しい洗濯方法の一つ目の方法として、動画の中では「おしゃれ着洗剤」を使うことがおすすめされています。

肌がかゆくなってしまう原因の一つが、洗剤に含まれる「〇〇〇〇〇」で、一種のアレルギー反応を引き起こし、かゆくなるそうです。

動画のなかでは、この〇〇〇〇〇の対策として登場するのが、「おしゃれ着洗剤」です。

ちょっとネタバレ

おしゃれ着洗剤には、肌に影響の少ない〇〇〇〇〇が使われているという特徴があります。

そして、動画では、私たちがよく見かけるおしゃれ着洗剤トップ2について、さらに深堀しています。

花王の「エマール」とLIONの「アクロン」。肌に優しい洗剤は、いったいどちらなのか。

CMのイメージや値段で洗剤を選んでいるかもしれませんが、より肌に優しい洗剤は何なのか?ぜひ動画内でご確認ください。

平安きりん

おしゃれ着洗剤の注意点についてもきちんと解説してくれているので、状況に応じて使い分けるのがおすすめです。

おしゃれ着洗剤ではない、普通の洗剤にも、もちろんメリットがありますので、決してダメなわけではありませんよ。

2つのメリットを兼ね備えた洗剤とは?

葉だ絵の刺激をおさえつつ、高い洗浄力もキープできる洗剤を紹介。
出典 : YouTube

肌に優しい洗剤の2つ目として紹介されている洗剤は、まさに「良いとこ取りの洗剤」です。

一つ目に紹介した「おしゃれ着洗剤」にはデメリットがあります。それは、△△△が弱くなってしまうという点です。

肌に優しい洗剤を選ぶにあたって、一番理想的なのは下記2つの条件を満たした洗剤です。

理想的な洗剤の条件
  • 「〇〇〇〇〇が衣類に残りにくい、洗剤残りが少ない洗剤」かつ
  • 「△△△も落とさない洗剤」

このようになる訳ですが、実はこの答えにぴったりの洗剤があります。

上記の画像の後にすぐ答えが出てくるのですが、きっとスーパーやドラッグストアで見かけたことがある商品だと思います。

ヒントは、花王の洗剤です。ぜひ予想しながら、動画で答え合わせをしてみてください。

平安きりん

大切なのは、値段の高さではありません。

どの洗剤を使っても活用できる方法

どの洗剤を使っても有効な、界面活性剤の影響を抑える方法。
出典 : YouTube

ここまでで、具体的な洗剤の商品名をあげて、おすすめの選択方法として紹介してきました。

最後に紹介している方法は、どの洗剤を使っても、肌への影響を減らせる方法です。

洗剤の種類を変えることも大切ですが、「洗濯の仕方」を変えることで、より肌への影響を減らすことができるのです。

平安きりん

ドラッグストアを思い浮かべてみてもらえれば分かると思いますが、洗剤の種類は、本当にたくさんあります。

おすすめの洗剤がいくつか紹介されていますが、やはりそれぞれに「お気に入りの洗剤」があると思います。

そこで、最後に紹介されている方法は、どんな洗剤を使っていたとしても界面活性剤の肌への影響を抑える方法です。

とても簡単で、文字通りボタン一つで出来てしまうので、ぜひ動画をご覧いただき、3通りの方法をマスターしてください。

肌がかゆくならない洗剤の選び方・洗い方

肌に優しい洗濯の方法として、3つの方法が紹介されていますが、一番有効な方法は、これらの方法を組み合わせることです。

特に、①と③、②と③を組み合わせることで、より高い効果を発揮し、肌への影響を抑えることができるので、ぜひ試して下さい。

特に、洗剤にこだわりのない場合は、この動画紹介している洗剤をそのまま購入して、使ってみて頂くのがよいと思います。

平安きりん

ぜひ動画をチェックして、早速今日の買い物で購入してみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2