【部屋を広く見せる】家具配置のコツ【整理収納のプロが伝授】

「七尾亜紀子の整理収納レッスン / Nanao’s Home Organizing & Storage」(登録者数6.15万人)よりご紹介します。

こちらの動画では、整理収納アドバイザーの七尾さんが、狭い部屋を広く見せるコツをご紹介しています。

お部屋を広く見せたいけど、どうしたら良いのかわからない方、多いのではないでしょうか。

「部屋が狭いわけではないのに、物を置きすぎて狭く感じる。」

「お客さんが来たときに狭く見えると恥ずかしい。」

このようなお悩みの方におすすめの動画となっております。

こちらの動画でわかること
  • 部屋を広く見せるコツ
  • 気をつけるべきこと

これらの見どころをわかりやすくご紹介していくので、ぜひこちらの記事を読んで動画を見てみてください。

部屋を広く見せるコツ

七尾さんのおうちのリビングの画像です。
出典 : YouTube

引越し前に内見をした時は、広く見えたのに、家具を置いたら一気に狭くなったと感じる方が多いようです。

物の配置によって部屋が狭く見えるのはご存知でしょうか。

インテリアの配置方法を少し工夫するだけで、部屋が見違えるほど広く感じるように。

確かに、11畳よりも断然広く見えますね。

また、目線を上に持っていくことが重要だそうです。

カレンダーや、お気に入りのポストカード、スワッグなどを飾って、目線を上に持っていくことを意識してみましょう。

ワンポイント

スワッグはたくさん作ってガーランドにしても可愛らしいですね。

重たい物を無理やり壁にかけると、地震の際に落ちてくる可能性があります。

落ちないようにしっかりと固定するか、落ちてきても怪我をしない軽い物をかけてくださいね。

おしゃれな壁掛けインテリアを探してみるのも楽しそうです。

七尾さんのワークスペースの画像です。
出典 : YouTube

七尾さんが挙げている工夫は、どれも簡単にできるものばかり。

この工夫点を知っているのと知らないのとでは大違いですね。

こちらの記事でご紹介している画像を見るだけで、ある法則に気付く方もいらっしゃるかもしれません。

画像を見るだけでは難しいという方は、ぜひ動画で内容をチェックしてみてください。

気をつけるべきこと

七尾さんの以前のリビングの画像です。
出典 : YouTube

以前までのリビングでも素敵ですが、どこか圧迫感があるように感じますね。

ここでも気をつけるべきポイントが隠されています。

ポイント

部屋を広く見せたいなら、使用する家具の「アレ」に気をつけて。

「アレ」が何なのか気になる方も多いと思います。

こちらを気をつけると、開放感が生まれて狭く感じていたお部屋も広く感じられるように。

気になる方は、ぜひ動画の内容をチェックしてみてくださいね。

広い部屋に住まなくてもOK

広い部屋は開放感があって、誰しもが憧れますよね。

しかし家賃が高かったり、暮らしていく上で必須というわけでもありません。

狭い部屋でも、こちらの動画で紹介された法則を守ることで開放感のある部屋に仕上げることができます。

平安きりん

お部屋が広いと、お客さんを呼ぶ時も胸を張っていられるのではないでしょうか。

高い家賃を払わなくても、広い部屋に住むという夢が叶うんですね。

お客さんからは部屋がとっても広いねと褒められてしまうかもしれません。

インテリアの使い方次第でここまで変わると、高い家賃を払ってわざわざ広い部屋に住む必要もなくなります。

こちらの記事を読んで、少しでも興味が湧いた方はぜひ動画を見てみてくださいね。

七尾亜紀子の整理収納レッスン / Nanao’s Home Organizing & Storageをチェックです。

これを機に、お部屋の家具の配置を見直してみてはいかがでしょうか。

広々としたおしゃれな空間を作って、優雅な生活を楽しんでくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2