【子どものものを片づける方法】何から始めたらよいかを学ぼう

「藤原友子の5分でわかる片づけ」(登録者数449人)よりご紹介します。

今回は、子ども部屋の収納や、おもちゃを片づけるときの始め方についてご紹介します。

お子さんをお持ちの方には、ぜひ観て頂きたい内容となっています。

平安きりん

片づけがわかる動画を観ながら、一緒に学んでいきましょう。

子どもの気持ちを考えた片づけ法

お子さんがおもちゃで遊ぶ様子を紹介する画像
出典 : YouTube

子どもが遊ぶとき、出したものを片づけず、次に興味が引かれたものを出してしまうことありますよね。

片づけても片づけても、同じことが繰り返されて、結局出しっぱなしです。

ここでよく使われるワードは「片づけなさい」という言葉です。

動画では、この方法では片づけるのは難しいことが解説されています。

ではどうしたら片づけが進むのでしょうか。

ポイントその1

片づけの心理について学ぶ。

片づけるのって、子どもにとって面倒くさいことの一つですよね。

子どもに行動してもらうためには、そんな心理をついた関わりが必要です。

平安きりん

やり方次第で、片づけができるようになりますよ。

心理をついた作戦、その中身をぜひ動画でチェックしてみて下さい。

集中できることを知る

子どもの片づけの始め方を説明する画像
出典 : YouTube

動画では、片づけを行う大切なポイントは1つではないことが解説されています。

ポイントその2

集中力を切らさない工夫をする。

でも一体どんなことを行うと、お子さんが集中して1人でも片づけられるようになるのでしょうか。

片づけの実際を見ていると、集中力が散漫し、別の物を触ってしまっていることがありますよね。

また、たくさんの物を目の前にすると、どこから手を付けたらいいのか分からなくなっていることがあります。

片づけているはずなのに、なぜか散らかっている。

ここでは集中力を保つためには、あることが重要だといいます。

どんなものから始めると集中力が続くのでしょうか?

まずは動画をチェックして、集中力が続く片づけの方法を学んでいきましょう。

片づけに対する気持ち

子どもの思い出のものを収納する方法について語る画像
出典 : YouTube

粗末に扱っている物には、その価値が見いだせず適当に物を管理をしてしまいます。

ここでのポイントは、物への扱い方にあるといいます。

ポイントその3

気持ちを込めた収納法を考える。

これには大人の方も思い当たる節があるかと思いますが、きれいに陳列された物には価値があるように見えますよね。

動画では、気持ちのこもったある収納法が紹介されています。

どんな収納かについては、動画の体験談とともにご覧頂くことができます。

気持ちのこもった収納法を覗いてみてはいかがでしょうか。

子どもに寄り添った片づけ法

親子収納する大切さについて解説する画像
出典 : YouTube

お子さんに片づけを一人で任せてしまうと、何から始めたらよいのかわからず、結局片づかないことがありますよね。

どうしたら言わなくても一人で片づけられるのかしら?

その方法は、お子さんの心理を考えた行動にあります。

ポイントその4

親が寄り添ってあげる。

それはお子さんの気持ちも、持ち物に対しても親御さんが寄り添って考えてあげることだといいます。

平安きりん

動画では、お子さんが喜んだ体験談も紹介されていますよ。

お子さんのことを見ているという親御さんのメッセージが伝わり、片づけが進むというものです。

自分のことを意識していると感じることで、とてもうれしい気持ちになります。

寄り添った考え方や行動なのか、一緒に見ていきましょう。

複数の片づけ法を学ぶ

片づけを知る方法について紹介する画像
出典 : YouTube

片づけの極意については、様々な情報がありますが、自分にあった収納方法でなければ、上手くいきませんよね。

ここでは、片づける方法として次のことをおすすめしています。

ポイントその5

複数の方法を学ぶ。

これは、ご家庭によっておもちゃの種類やお子さんの興味のあるものは全然違います。

これを1つに当てはめるのは難しく、大きさや数も異なることから、それにあった収納を見つけることが大切です。

どの様にその情報を知るかは、動画で公開されています。

この方法で、自分では知らなかった便利な収納法を見つけることができるといいます。

平安きりん

収納したい持ち物に合わせた、アイデアをみつけることから始めましょう。

おすすめの方法が分かったら、自分にあった収納ができそうですよね。ぜひ動画を参考にして下さい。

プロの目線の収納法

今回はお子さんの持ちものの収納方法についてご紹介しました。

動画の方法を参考にして、さっそく収納を始めたいです。

今回のポイントをまとめました。

子どもの持ちものを片づけるポイント
  1. 片づけの心理について学ぶ。
  2. 集中力を切らさない工夫をする。
  3. 気持ちを込めた収納法を考える。
  4. 親が寄り添ってあげる。
  5. 複数の方法を学ぶ。

この方法でお子さん自身が片づけ、物を大切にしてくれるようになれば、より良い空間を作ることができそうですね。

藤原友子の5分でわかる片づけでは、今回の他にもさまざまな片づけ動画が公開されています。

平安きりん

実体験を通した内容は、実用的で実行可能なアイデア満載です。

ご本人は整理収納アドバイザーの資格をもち、セミナーの開催や収納に関する本の出版など、多方面でご活躍されています。

実績を持っているからこそできる収納のアイデアは、一見の価値があります。

収納にお困りの方や参考にしたい方は、ぜひ一度ご覧下さい。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2