神社のしめ縄に使われている真菰と精麻のオリジナルアクセサリー

真菰と精麻を使ったアクセサリーを制作する「木村茉莉阿」さんの作品をご紹介します。

真菰と精麻を使ったアクセサリーを制作している木村さん。

真菰と精麻は神社のしめ縄に使われているもので、それを使ってピアスやお守りチャームを作っています。

今回は、その中から二つの作品をご紹介しましょう。

元気カラーのお守りチャーム

こちらはオレンジのお守りのついたかわいいチャーム。

真菰でしめ縄が作られ、巾着の中には精麻と出雲の稲佐の浜の海水から作った「浄めの塩」が入っているそうです。

平安きりん

デザインも可愛いので、お持ちのバッグに着けてくださいね。

しめ縄デザインのかわいいピアス

こちらは、しめ縄デザインのピアスです。

しめ縄にはピンクと赤のリボンがついていておしゃれに見に着けるけることができるでしょう。

平安きりん

ピアスはイヤリングにも変更できますよ。

木村さんのショップには、他にもしめ縄デザインのアンクレットやサンキャッチャーなどがそろっています。

気になる方はぜひ、サイトをのぞいてみてください。

木村茉莉阿さんが運営するショップ

ショップへのリンクはこちらから → 「mrruT

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2