フード付きの可愛いおくるみを作ろう【キットで簡単に】

「nunocoto」(登録者数1万人)よりご紹介します。

今回紹介するのは、シカクおくるみの作り方を解説した動画です。

キットを使って作成するので、とても簡単に出来ますよ。

赤ちゃんが眠る時にお布団や防寒具にもなるおくるみを、是非手作りしてみましょう。

平安きりん

こちらのおくるみはほとんどが直線縫いなので、初心者でも簡単に作れます。

こちらのおくるみはフード付きなので、赤ちゃんのデリケートな頭部もしっかり保護してくれることでしょう。

キットはバリエーション豊富で既に裁断済み

キットの中身を並べた様子。
出典 : YouTube

キットのバリエーションもとても豊富で、色や柄もお好みのものから選べます。

動画内ではミシンで一気に縫われていますが、時間を掛ければ手縫いでも作ることが出来ますよ。

キットには既に裁断済みの表布と裏布、そしてnunocotoのオリジナルタグが含まれています。

タグが付くと一気に作品のクオリティが上る感じがしますよね。

布同士を縫い合わせる

表布と裏布をそれぞれ中表に合わせて、きれいに揃えている様子。
出典 : YouTube

まずは、表布と裏布をそれぞれ中表に合わせて縫い合わせるところからスタートになります。

布面積が大きいので、後でズレが生じないように生地同士をしっかり伸ばしておきましょう。

あらかじめアイロンを掛けてシワを伸ばしておくのもいいかもしれませんね。

ワンポイントアドバイスも解説されていますよ。

同時にフード部分も制作していきます。

この際、畳み方や差し込み方向を間違えてしまうと、後々フードとして機能しなくなってしまうので注意が必要です。

動画をじっくり参考にしながら生地の畳み方と差し込む方向をしっかり確認しておきましょう。

布同士がズレないようにしつけをかける

布のズレ防止のためにしつけ糸で縫っている様子。
出典 : YouTube

重ねただけで縫い始めてしまうと、どんどんズレてきてしまうものですよね。

作っているものが大きければなおさらです。

そうならないように、あらかじめ重ね合わせた布同士をしつけ糸で固定しておきましょう。

しつけ糸はキットに含まれていませんので、ご自分で用意して下さいね。

縫い幅を広くとって、ザクザク縫っていけばOK。

しつけ糸とは
  • 普通の縫い糸に比べると脆い
  • 指で引っ張るだけで切れる
  • 白、黄色、青、ピンクが一般的
  • 布の色と対照的な色を選ぶのがポイント

動画内でも言及されていますが、もちろんしつけ糸がなくても大丈夫ですよ。

ミシンで周囲を縫っていく

返し口部分を残して布の周囲をぐるりとミシンで縫っていく様子。
出典 : YouTube

しつけ糸で固定できたら、ミシンで周囲をぐるりと縫っていきます。

後で布を表に返さなければならないので、必ず手が入れられるくらいの返し口を開けておきましょう。

動画内では早送りなしでゆっくり制作されているので、とてもわかり易いですよ。

縫い代の幅やコーナー部分の縫い方などしっかり参考にしながら進めて下さいね。

布を表に返して返し口を閉じる

周囲を縫い終わった後に角を落として処理している様子。
出典 : YouTube
まずはここをチェック
  • しつけ糸を全て外す
  • まち針を使った場合は針が残っていないかチェック

動画を参考にしながらコーナー部分の処理をしておきましょう。

この一手間で、おくるみとしての使い心地もグンとアップしますよ。

その後、返し口から布を表に返します。

ここで一旦、布地を均しておくといいかもしれませんね。

返し口部分は内側に折り込んで縫い閉じていきます。

これまでの工程ではミシンでの作業ですが、返し口を閉じる工程では手縫いになります。

こちらの動画内ではじっくりまつり縫いの工程が映されているので、とても参考になりますよ。

また、キットに内蔵されているnunocotoのオリジナルタグも、この工程内で取り付けられていますよ。

赤ちゃんの名前を入れたオリジナルタグを入れてみるのも素敵ですね。

返し口を縫い終わったら完成

玉止め部分を生地の内側に隠して糸始末をしている様子。
出典 : YouTube

返し口を縫い終わったらシカクおくるみの完成です。

最後の玉留めの処理の仕方は、おくるみだけでなく他の物を作る時にも活用できますよ。

nunocotoの動画チャンネルは、実用的な洋裁グッズの作り方が多数掲載されています。

きっと作りたくなるアイテムが見つかること間違いなしですよ。

縫製ノウハウにまつわる動画もアップされているので、とても参考になりますよ。

概要欄に掲載されているホームページでは、今回のシカクおくるみキットはもちろん、その他の作成キットも購入可能です。

素敵なオリジナルファブリックも購入できますので、是非そちらもチェックしてみて下さいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2