【5分で完成】縫わずに作れるペーパーナプキンの使い捨て立体マスク

「素人ミシン部」(登録者数6,060人)よりご紹介します。

こちらの動画では、かわいい絵柄のキッチンペーパーでマスクを作るという画期的なアイデアを教えてくれます。

ゴムではなくコットンの紐を使っていることも、敏感肌の方には嬉しいポイントです。

本当に5分で出来てしまうので、ぜひ動画をチェックしてみてください。

使い捨て立体マスクに必要な材料

色とりどりの素敵なペーパーナプキンの写真です。黄色い花柄、水色の貝殻柄、紺色にレモンの柄のナプキンが並んでいます。
出典 : YouTube

おしゃれな雑貨屋さんや100均に行くと、色とりどりのペーパーナプキンが販売されていますよね。

気に入った柄をついまとめ買いしたものの、もったいなくて使っていません。

平安きりん

そんな方は、マスクに仕立てて、模様のかわいさを楽しんでみましょう。

材料
  • ペーパーナプキン
  • コットン糸
  • フリクションペンまたは水で消えるペン
  • 裁ほう上手
  • マスク型紙

動画の中で、作家さんが使っているペーパーナプキンの大きさや購入場所を説明してくれるので、参考になります。

他の材料も100均やスーパーなどで手に入るものが多いですね。

マスクの型紙は、動画の概要欄のリンクから手に入れることができます。

平安きりん

リンク先には様々なサイズのマスクの型紙があり、無料でダウンロードできるので、ちょうどよいサイズを選べますよ。

また型紙は、紙ではなく、どこのご家庭にもある別のアイテムを使うのがポイントです。

小物の型紙にこのアイテムを使うと破れにくく、曲線を引くのにもとても便利なんですよ。

気になった方は動画をのぞいてみてくださいね。

型紙に合わせてペーパーを裁断する

ペーパーナプキンをハサミで切っている写真です。ナプキンを折ったままで重ねて切っています。
出典 : YouTube
動画の見どころ
  • 同時に2個分カットできる
  • 左右のパーツの柄が揃う

重ねたままカットすることで、同時に2個分の材料を切り出すことが出来るので、かなりの時短になります。

また、紙なのでずれて失敗する心配もありません。

マスクを作る時、左右の柄の出方を合わせるのに苦労します。

平安きりん

こちらの作り方を参考にすれば、柄の出方で悩む心配もありません。

型紙の置き方に工夫があるので、自然と連続した柄で1枚のマスクを作ることができるのです。

布マスクの制作にも使える技なので、一度動画をチェックしてみてくださいね。

左右のパーツを貼り合わせる

左右のパーツをのりで貼り合わせている写真です。切る時の工夫のおかげで、ずれる心配もありません。
出典 : YouTube

ペーパーナプキンをカットしたら、2枚を貼り合わせます。

先ほどの型紙の置き方のコツのおかげで、貼る時にずれるという失敗もありません。

カットして貼り合わせるだけなので、工作のようでとても楽しい作業になります。

紐をつけて完成

マスクに紐をつけている写真です。両手で紐を持ち、長さを調節できる結び方を教えてくれています。
出典 : YouTube

次は、マスクに紐をつける作業です。

こちらも縫う必要はなく、貼り合わせるだけでよいので簡単なんですよ。

動画の見どころ
  • 長さを調節できる紐の結び方が学べる

耳が痛くなったりマスクがずれてきたり、マスクのストレスを解消したい。

紐の長さを調節できるので、締め付け感や耳の痛さなどのお悩みを軽減することができます。

ゴムではなくコットンの紐を使っているところも、敏感肌の人におすすめしたいポイントです。

たくさん作って毎日使っても経済的です

作家さんが紹介している100均のアイテムを使うと、子供用サイズであれば1パックで15~30枚ほど作れてしまうそうですよ。

毎日使い捨てで使用してもとても経済的で、衛生的にも安心ですね。

ハロウィンやクリスマスなどのイベントの時に作れば、衣装とコーディネイトすることもできそう。

平安きりん

春は桜柄やクローバー柄、夏はマリン調など季節に合わせて作ってもよいですね。

素人ミシン部のチャンネルでは、ハンドメイドが初めてという方でも始められる簡単で素敵な作品の作り方が満載です。

特にお子さん向けの作品が充実しているので、家事や育児の合間に新しいアイテム作りに挑戦してみてくださいね。

こちらもチェック!
ハンドメイドチャンネルのインスタグラムに素人ミシン部さんのインタビューを掲載しています
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2