【洗練された信楽焼のマグカップ】華奢なフォルムに無骨さを合体

アンティークと現代を組み合わせた作品を揃える「緒方 一智」さんをご紹介します。

緒方さんが営むのは雑貨やインテリア、家具など幅広いカテゴリーを取り扱うWEB STORE。

古家具、古道具、古着と現代のものの組み合わせで「さりげない存在感がある暮らし方」がコンセプトです。

実用性とデザイン性を楽しむライフスタイルを提案するショップの中から、おすすめの品を紹介します。

錆を演出した信楽焼のアンティーク風マグ

黒錆を演出したアンティークなマグは、置いてあるだけでフランスの骨董品のようです。

実は、表側と内側の2種類の釉薬が使われている信楽焼。錆っぽさを出して、古めかしさを表現しています。

持ち手もあえて細く作られており、シャビーな雰囲気に仕上げています。

野趣と洗練が調和するおしゃれなマグ

細長く華奢なフォルムに、薄くて長さのあるしっかりとした持ち手。

あえて手作り感のある動きを出した縁が、一つ一つ違う雰囲気に仕上げています。

フォルムは繊細ですが、表情は信楽焼らしく少しザラリとした質感と無骨なニュアンスが出ています。

平安きりん

京都市の岩倉にあるアパートの1室を拠点としてweb storeを運営。ショップとして見ることもできます。

ウェブでも実店舗でも楽しめるので、気になる方は足を運んでみてください。

緒方 一智さんが運営するショップ

ショップへのリンクはこちらから → chic and clan ; artless Life

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2