【ビスクドール】ヨーロッパで生まれた昔懐かしいドールたち

ビスクドール作家の「大古美代」さんの作品をご紹介します。

数多くのビスクドールを制作されている大古さん。

ビスクドールは、19世紀にヨーロッパの貴婦人などの間で流行した人形です。

平安きりん

大古さんはビスクドールの中でもさまざまな人形を作られています。

ではさっそく、大古さんの作品をご紹介していきましょう。

大きなおめめが特徴的な女の子

ブルーの目と金髪の女の子ビスクドールです。

こちらはビスクドールの中でもエレガントな洋服を着たジュモーという種類となります。

平安きりん

ビスクドールのサイズは38cmと大きめです。

椅子とクマさんのついたビスクドールセット

こちらは手のひらサイズのジョイという種類のビスクドールです。

手作りのソファとクマさんもセットになっていますので、インテリアとして飾るのにぴったりの作品となっています。

平安きりん

全長7.5cmのとてもかわいらしいサイズのお人形です。

大古さんのショップには、他にもさまざまな種類のビスクドールがそろっています。

ビスクドールを探している方はぜひ、サイトをのぞいてみてください。

大古美代さんが運営するショップ

ショップへのリンクはこちらから → 「-atelier ribbon-

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2