【整理収納のプロが教える書類の管理術】書類を溜めずに紛失も防止

「かぞく収納CHANNEL / 赤工友里Official」(登録者数4.84万人)よりご紹介します。

日頃から書類の整理収納はきっちりできていますか。

書類がどんどん溜まっていって困る・ ・ ・。必要な書類がどこにあるのかわからない ・ ・ ・。

書類の整理を後回しにしていると、このような困った事態に陥ってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回の動画では、整理収納アドバイザー赤工友里さんが、書類の整理収納法を解説しています。

書類の整理収納に困っている方は、ぜひプロの整理収納術を学んでください。

帰宅後にやること

新聞やダイレクトメールなどの郵便物の写真です
出典 : YouTube

書類は帰宅してから、すぐに整理することが大切。

持ち帰った書類を「とりあえず」とまずどこかに置いてしまうのが、書類が散らかる人に見られる共通点だそうです。

玄関で仕分け

帰宅したらすぐに玄関で持ち帰った郵便物を、「いるもの」と「いらないもの」に分けましょう。

郵便物はそれほど量も多くないので、数秒程度でささっと分けることができますね。

このちょっとした作業を怠ると書類が溜まっていき、仕分けるのが大変になってしまうのでしっかりやっていきましょう。

平安きりん

赤工さんは不要なものをすぐに捨てれるように、ゴミ箱の置き場所にも工夫をしています。

ゴミを溜めない動線づくりにも注目しながら、動画をチェックしてみてください。

仕分けボックスに入れる

赤工さんが書類の仕分けボックスを手に持ちながら活用法を紹介しています
出典 : YouTube

持ち帰った必要な書類は、すぐに書類の仕分けボックスに入れていきます。

仕分けボックスとは、書類を種類ごとに整理しておくためのもの。

「未開封の郵便物」「旦那宛の未開封の郵便物」「新聞紙」「年賀状」など、細かく仕分けができるように作らているのが特徴。

仕分けボックス

赤工さんは無印良品とコクヨの商品を組み合わせて、書類の仕分けボックスを作っています。

気になる方は動画で、実物をチェックしてみてください。

挟むだけで簡単に中に書類を入れられるようになっているので、整理の手間もかかりません。

平安きりん

帰宅後はご飯の支度や子どもの世話などやることが多いので、ひとまず書類を入れておくために仕分けボックスを活用しているそう。

仕分けボックスにいれた書類は、ルールを決めて後で整理をされています。

帰宅後は何かとやることが多く忙しいですが、この方法なら長くても数分で終わるので無理なくできそうですね。

仕分けボックスに一旦いれた書類を整理するタイミングについては、動画でご確認ください。

見えるように管理

すぐに使う書類は見えるように管理することが大切だと赤工さんが解説しています
出典 : YouTube

大切な書類は、クリアファイルに入れて保存している方も多いのではないでしょうか。

ただ、大切にしまい込んでしまうことが、紛失の一因となることもあります。

すぐに提出しなければいけない大事な書類などは、しまわずに見えるように保存しておくのがおすすめだそう。

見える化のメリット

見えるように保存しておけば、なくすこともないですし提出のし忘れを防ぐこともできます。

また、この方法を使えばクリアファイルに挟むよりも、手軽で簡単に書類を保存しておくことが可能。

どのようにすれば見える化して書類を保存できるのか、動画をチェックしてみてください。

書類の管理に困らない

今回は整理収納アドバイザー赤工友里さんによる、書類の整理収納法を紹介しました。

赤工さんの整理収納法をを取り入れれば、書類の管理も簡単にできるようになるはずです。

メリット
  • 書類を紛失しなくなる
  • 書類が溜まらなくなる
  • 提出漏れや支払い忘れがなくなる

小さなことでも積み重なっていくと、後々大変なことになってしまいます。

あとでやろうと後回しにするのではなく、「帰宅したらすぐ整理」を心がけていきましょう。

ぜひ動画を参考にしながら、今日から書類の整理収納に取り組んでみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2