浜松の伝統織物「遠州綿紬」で作るヘアバンドとアクセサリー小物

静岡県浜松の伝統織物である遠州綿紬を使って、作品を制作する「五百目栞」さんをご紹介します。

五百目さんは生まれも育ちも、静岡県浜松市。織物の町、浜松には江戸時代から続くと言われる伝統織物「遠州綿紬」があります。

遠州綿紬とは?

日本古来の優しい伝統色を使い、風合いが出るようネップ糸を残して織る、ざっくりした柔らかい綿織物。

五百目さんは、肌触りがいい遠州綿紬を多くの方に知って欲しいと、現代的なデザインでその素晴らしさを発信しています。

今回は、五百目さんが製作する遠州綿紬を使ったアイテムをご紹介したいと思います。

縞紬を使ったリボン形のヘアバンド

こちらは遠州綿紬の中の柄のひとつ、縞紬です。日本の伝統色を使った、多彩な色と優しい風合いが魅力。

遠州綿紬にはさまざまな縞模様があり、日本人の肌に馴染む伝統色で作られています。その生地で製作したヘアバンド。

大きなリボンがカチューシャのように前髪を簡単アレンジしてくれます。フリーサイズで、きつくないのが特徴。

平安きりん

遠州綿紬特有の自然なネップがところどころにアクセントに入っていますよ。

遠州綿紬×ビーズ刺繍のイヤリング

遠州綿紬にビーズ刺繍を組み合わせたアクセサリーもおすすめです。

黄色や緑、爽やかな青を差し色に使った夏らしい縞模様とクリアビーズの透明感が絶妙にマッチ。

シャンパンゴールドの輝きも加わって、季節感のあるアクセサリーに仕上がっています。

平安きりん

季節に合わせた色とビーズ刺繍の組み合わせも展開。多彩なバリエーションがあり、お気に入りが必ず見つかりますよ。

アクセサリーとヘアバンドのセットがおすすめ

合わせやすいダンガリーのようなカラーの遠州綿紬を使ったヘアバンド。生地の柔らかい風合いが、作品から見て取れますね。

ずれにくい、痛くなりにくい、着け心地が良いのがこのヘアバンドのメリット。長時間着けられるものは、安心感が違いますね。

全て1点ものでヘアバンドとお揃いにすると、一気に可愛さ倍増。100円玉くらいの大きさで、耳たぶにちょうどいいサイズです。

遠州綿紬の特徴

つければ、つけるほど肌に馴染む綿素材。デイリーに使えるものこそ、素材にこだわりたいという方におすすめ。

伝統を身につける楽しさを知ろう

日本古来の優しい色彩で織る遠州綿紬は、職人の手と昔ながらの技法で織り上げられた希少な織物です。

そして、その伝統織物をヘアバンドやイアリングなどデイリーに身につけられるものとして展開しているのが、五百目さん。

ハンドメイドマルシェや委託販売のほかに、オンラインショップで購入できます。気になる方は、ショップへお立ち寄りください。

五百目栞さんが運営するショップ

ショップへのリンクはこちらから → riomoon500

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2