【袖付け作業なし】型紙要らずの大人用の半袖ブラウスの作り方

「* Baby&Kids * Handmade」(登録者30.5万人)よりご紹介します。

今回は、型紙要らずの大人用の半袖ブラウスの作り方の動画をご紹介します。

身ごろと繋がっている形なので、袖付けの作業なしで作れますよ。

さらに、Vネックだけでなくラウンドネックでも作れるそうですよ。

少し長めのチュニック丈にするなど、お好みに合わせてアレンジもできますね。

ぜひこちらの動画を参考に一緒に作っていきましょう。

夏にぴったりのリネン

用意するものはこちらだけです。

用意するもの

W76、H68 のサイズの布を2枚

丈を長くしたい方はその分だけ生地を長くとりましょう。

ちなみに今回用意したリネン素材の布。

夏場の暑い日には、涼し気な素材で使いやすそうですよね。

平安きりん

ただ柄の生地だと、サイドの繋がりを合わせるのが難しいかもしれません。

初心者の方は、無地の方が失敗が少ないのでおすすめです。

お好きなテイストの布を選んでみましょう。

作り方の手順

では、早速作り方の手順を見ていきましょう。

布をカットする

ブラウスの布を裁断する作業を解説している動画で、机の上にある裁断した前身ごろのVネックの部分を指さした画像。
出典 : YouTube

まずは、直接布に線を引いて裁断していきます。

カットするときは中表に半分にし、輪にして留めておきましょう。

横幅は手持ちの服を参考にして決めると良いです。

ラウンドで作りたい方

「ギャザーブラウスの作り方の動画」をチェックしてみてください。

裁断して余った布で、見返しも部分もカットします。

見返しとは、襟ぐりの部分につける布のことですよ。

型紙や見返りのサイズの詳細は動画で確認してみてくださいね。

見返し部分を縫う

ブラウスの見返し部分を作る作業を解説している動画で、接着芯を貼り、肩の部分を縫い合わせて、周りをロックミシンで縫った見返しを手にした画。。
出典 : YouTube

裁断した見返しの裏面には、接着芯をカットして貼るそうです。

前後の見返しを肩のところで縫い合わせます。

見返し部分の強化

見返しの周りはロックミシンをかける。

次に見返しを本体に縫い合わせていきます。

肩の中心を合わせてから、内側を合わせて固定しましょう。

布を返すときに活きる

ネックの部分に切り込みを入れておく。

平安きりん

カーブが入っている部分は細かめに入れると、布がキレイに裏返るそうですよ。

アイロンで押さえてから布を返していきましょう。

見返しの端の内側はミシンで縫っておきます。

作業の詳細は動画でご覧になってみてくださいね。

前後の身ごろを縫う

前身ごろと後ろ身ごろを縫い合わせる作業を解説している動画で、ミシンで前後の身ごろを合わせて、縫っている画像。
出典 : YouTube

袖の部分の端を折っておきます。

次に、前身ごろと後ろ身ごろの横を合わせて固定しましょう。

折っていた袖の部分は一旦戻しておくそうです。

縫い合わせたら、2枚重ねてロックミシンをかけます。

ブラウスの形が、ほぼ出来上がりました。

続いて、袖の端を三つ折りにして縫います。

サイドの縫い代は後ろ側に倒すこと。

折った内側にミシンをかければ完成です。

分かりにくい部分は動画をよくチェックしてみましょう。

初心者でも作れる大人用洋服

今回は、型紙要らずの大人用の半そでブラウスの作り方の動画をご紹介しました。

平安きりん

型紙・袖付けの作業がないので、初心者の方でも簡単に作れます。

軽やかな素材を使ったブラウスは、夏にぴったりですよ。

ぜひお気に入りの布で作ってみてくださいね。

* Baby&Kids * Handmadeでは、この他にもアイテムが紹介されています。

チャンネルのおすすめ

ハンドメイド初心者の方でも取り組みやすいアイテムが豊富。

余った布やハギレも素敵なアイテムに作り変えることができます。

興味を持った方は、ぜひチャンネル登録して動画をチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック!
ハンドメイドチャンネルのインスタグラムにBaby&Kids Handmadeさんのインタビューを掲載しています。
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2