【DIY入門編】はじめに揃えておきたい工具「スコヤ」解説

「カミヤ先生のDIY!家具教室」(登録者数12.4万人)よりご紹介します。

きちんと設計して寸法したのに、なぜかぴったり垂直でない作品ができてしまうことはありませんか?

これは木材を垂直に切ったり、垂直に組み立てられなかったことが原因。

そこで今回は、初心者が持っておきたい工具「スコヤ」について使い方がわかる動画をご紹介します。

スコヤを知ろう

いろいろな種類のスコヤが作業台に並んでいます。
出典 : YouTube

作品を真っ直ぐに作るには、スコヤを使います。スコヤはきちんとした直角が測れるため、精巧な作品を作ることができるんです。

ところでスコヤって何ですか?

今回ご紹介する動画投稿者のカミヤさん曰く、DIY初心者が最初に買って欲しい工具の1つがスコヤだそうです。

スコヤって何?という方に、まずは、工具の説明からスタートしたいと思います。

スコヤとは

L字型の金属工具。「さしがね」に似ていますが平面に密着させ、点や線・位置・けがき・直角の精度を確認するために使う。

さしがねは、垂直に線を引くための定規。見た目は似ていますが、スコヤはL字型の片側に土台にひっかけられる厚みがあります。

基本的に木材が垂直かどうか測ることができる工具。しかし、一口に「スコヤ」と言っても、さまざまな種類があるんです。

では、次にスコヤの種類を説明します。

スコヤの種類

初心者におすすめの完全スコヤについて説明します
出典 : YouTube

いきなりホームセンターに行っても、どれを買えばいいかわからなくなるほど種類が豊富。

まずは、スコヤの種類と特徴を掴んでおきましょう。

完全スコヤ 90度になっているL字型のスコヤ。材料に当てることで、正確なケガキ線を引くことが可能。1000円程度で購入できます。

止型スコヤ 台形の形をしたスコヤ。45度のケガキ線を引くことが可能。2つを合わせれば、45度・90度・135度を測ることができます。

アルミ台スコヤ さしがねやスコヤの直角の精度を測るためのスコヤ。用途は少なめ。

自由スコヤ 角度を自由に変えることができるスコヤ。歪んだ平面の角度を測る時に使います。

動画では、その他デジタルスコヤなども紹介されていますので、気になる場合は動画をチェックしてみてください。

平安きりん

DIYを初めるにあたり最低でも15cm程度のスコヤは持っておきたいところ。おすすめは、概要欄からチェックできますよ。

スコヤの使い方

スコヤの使い方について説明します。木材の端にスコヤを当てて直角をはかっています
出典 : YouTube

スコヤは、垂直や直角を測りたい平面に当てます。

さしがねでも測ることはできますが、ノコギリでカットした断面が垂直かどうかはスコヤを使うのがベスト。

スコヤの両面に目盛りがついていると便利です。5cm・10cmの位置がわかりやすいと使いやすさもアップします。

平安きりん

動画では、スコヤの基本の使い方やその他の工具の垂直を測る方法までレクチャーしてくれます。

どんな時に90度を測りたいのか、実際に使っている人でなければわからない知識まで盛り込まれていて、とても勉強になりますよ。

初心者は、まっすぐ切断するというのも至難の業。そのためにあると便利な工具です。

買っておきたい工具「丸ノコ」編はこちら

電動ノコギリの予算別選び方の動画も合わせておすすめです
出典 : YouTube

また、スコヤと同様にDIY初心者が揃えたい工具「丸ノコ」についての動画もおすすめです。

電動工具があると、作品の精度もグレードも一気にアップしますよ。

購入の際に価格差がある電動ノコギリ、通称丸ノコ。高ければプロ仕様なのか、価格と精度の差も気になるところですよね。

こちらは、性能別に入門機・中級機・上級機と3つのカテゴリーに分けて商品を紹介。丸ノコ選びの参考になります。

おすすめポイント

工具の使い方やおすすめ工具紹介、ブログやメール講座もあるので、困った時は気軽に相談もできますよ。

カミヤ先生のDIY!家具教室は、DIYを楽しんで欲しいをモットーにしたわかりやすい解説が魅力です。

今回の動画は、作品を垂直に測るための道具スコヤについてご紹介しました。

垂直が測れると、組み立て時にぴったり木材が合わさってきれいです。

一番最初に揃えておきたい道具として、基本的な使い方を勉強するといいですね。

動画が気になった場合は、ぜひチェックしてみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2