【ミニマリストが教える子供の作品保管術】楽しむ保管でお家スッキリ

「いざわひとみ暮らしの整理研究所」(登録者数2,050人)からご紹介します。

ミニマリストのライフスタイルを発信するチャンネルにて、子供の作品を保管する方法が紹介されています。

親にとって子供が作った作品は、本当に大切な宝物ですよね。

作品がどんどん増えて収納場所に困ります。
作品を置いていても、なかなか見返す機会がありません。

子供の作品はなにかと保管が難しく、どのように保管しておけばよいのか頭を悩ませることもあるのではないでしょうか。

そんな子供の作品の収納に悩んでいる方は、ぜひ動画をご覧ください。

動画のおすすめポイント
  • 子どもの作品をスッキリと保管できる方法が学べる
  • 子どもの作品を手軽に見返せる保管方法を知れる

保管方法を「写真」から「動画」へ

私が実践している子供の作品の収納方法を紹介します
出典 : YouTube

大切な子供の作品はどのように保管されていますか。

収納場所を取らずに作品を保管したい場合は、作品を写真に撮ってデータとして残しておくのも良いですよね。

以前はいざわさんも子供の作品は写真で保管していたそうですが、今は保管方法を動画に変えたそうです。

データとして保管するなら、動画にしなくても写真のままでも良いんじゃないの?

一見、子供の作品の保存方法は「写真」でも「動画」でもどちらでも良いようにも思えますが、動画には写真にはない良さもあるそうです。

いざわさんは動画の何に動画で作品を残すことにどのようなメリットを感じているのか、ぜひ動画でチェックしてみてください。

動画撮影のやり方が学べる

動画撮影の模様を公開しています
出典 : YouTube

動画を撮るのは写真を撮るのに比べてハードルが高いと思う方もいるかもしれません。

動画の中でいざわさんが実際に作品を撮影している様子を公開してくれているので同じように進めればOKです。

テロップをつけて撮影のポイントも紹介してくれています。

これだけ丁寧に教えてもらえたら、簡単にできそうですね。

動画の見どころ
  • 子どもの作品の動画撮影の様子が見れる
  • 動画撮影のコツがわかる

撮影が済んだ作品の保管方法

自宅での作品保管の模様を紹介しています
出典 : YouTube

撮影が済んだ現物の作品の行方も、気になるポイントですよね。

現物の作品については傷んでしまったら手放すこともありますが、きれいな状態の間は家に置いておくそうです。

ただし、収納してしまうのではなく、今楽しむために置いておくというのがいざわさんのこだわりポイント。

楽しむために置いておくってどういうこと?

作品を収納してしまうと取り出すのが手間になり、作品を実際に目にする機会は自然と減っていってしまいますよね。

でも、置き方を工夫すれば、いつでも気軽に作品に触れて楽しめるようになるのです。

作品を楽しむ保管方法をチェック

動画の中ではいざわさんが実際にどのように作品を保管しているのか、自宅の様子が公開されています。

作品を楽しむ保管方法とはどのようなものなのか、ぜひ動画をチェックしてみてください。

いざわさんの保管方法は、親はもちろんのこと子供も手軽に作品に触れることができる方法です。

この保管方法を取り入れれば、家族全員がいつでも気軽に作品を楽しめるようになりますよ。

まとめ

小さいお子様をお持ちの方は毎年のように子供が制作した作品が増えて嬉しい反面、保管に困るなと頭を悩ませることもあるでしょう。

作品の保管に困っているならば、いざわさんおすすめの方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

動画では実際にどのように作品を保管しているのか自宅の様子や作業風景を映しながら詳しく解説されています。

平安きりん

いざわさんの保管方法を試してみたいと思われた方はぜひ動画もチェックしてみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2