新築に1年住んで後悔したポイント5選 失敗しないための考え方

「KEINAchannelけいなちゃんねる」(登録者8,540人)よりご紹介します。

マイホームのメリットやデメリットというものは、実際に住んでみないと分からないものです。

とはいえ、夢のマイホームの購入後に後悔はしたくないですよね。

新居での収納や暮らしに役立つ情報を発信している「KEINAchannelけいなちゃんねる」。

今回は実際にマイホームに1年間住んでみて気づいた後悔ポイントをランキング形式で紹介する内容となっています。

マイホームの購入をお考えの方は、是非この動画を参考にしてみてください。

理想のマイホームをイメージする

マイホームは、購入してから後悔する場合も多いので、事前の計画はじっくり行いたいですよね。

とはいえ、実際に住んでみないと後悔ポイントを知ることが難しいので悩む方も多いと思います。

平安きりん

そんな時は、「理想のマイホームに近い家を参考にする」ことをおすすめします。

YouTubeで検索をかければ、新築一戸建てを紹介した動画がたくさん出てくるので、是非チェックしてみてください。

今回紹介するチャンネルでは、実際に新築一戸建てを購入し1年間住んでみてのリアルな感想を聞くことができます。

マイホームを建てるうえでのイメージがグッと近づきますよ。

新築の後悔ポイント5選

この動画で紹介されている「新築の後悔ポイント5選」は、あくまで「けいなチャンネル」の場合です。

しかし、最後の2つは特にこれからマイホームの購入を検討している方にとってかなり参考になる情報です。

気になる方は是非、動画を最後までご覧ください。

後悔ポイントはランキング形式で紹介されています。

※この記事では、5位〜4位だけ紹介致します。

第5位 浴室換気扇のお手入れ

浴室換気扇のファンをブラシで掃除している様子を映した画像。
出典 : YouTube

「けいなちゃんねる」で紹介している浴室は、打ち合わせの時点で標準が浴室乾燥機でした。

画像は必要性が感じなかったとのことで換気扇に変更したものです。

浴室乾燥機でないことに、今のところ不自由はないとのことですが、見落としていたポイントとして、1点だけ紹介されています。

動画で紹介されている換気扇はフィルターがなく、ファンの取り外しも出来ない仕様になっています。

換気扇は高い位置にあるので、上を向いたままの作業は腕と首が辛いうえ、ホコリを浴びることになるので不衛生ですよね。

キッチンの換気扇だけでなく、浴室の換気扇もファンによっては取り外せるものと外せないものもあります。

これらについても事前に確認することが大切です。

第4位 窓が1つしかない部屋

窓が1つしかない子供部屋の様子を映した画像。
出典 : YouTube

窓は1つでも良いかな?と考える方もいるかもしれませんが、風通しを考えるとやはり窓は2つ以上設置した方が良いとのことです。

「けいなちゃんねる」で紹介されている新築は、打ち合わせの際に窓の追加を提案したそうです。

しかし設計士さんから「24時間換気システム」で2時間に1回空気が入れ替わるという話をされ、窓の追加を諦めたそうです。

24時間換気システムとは?

24時間、新鮮な空気を自動的に循環させる室内設備。ダニなどのアレルゲンや、湿気によるカビの発生も防止できる。

窓が1つの場合でも、インテリアを壁にかけたりポスターを貼るなどのアレンジが自在です。

そのため魅力的な面もありますが、部屋の清潔さを保つための配慮もじっくり考えたいところですね。

平安きりん

「新築の後悔ポイント」の3位〜1位が気になる方は、実際に動画をご覧になってチェックしてみてください。

多くの失敗談を聞くことが大切

様々な意見を取り入れて、いいとこ取りをして理想のマイホームを作っていきましょう。
出典 : YouTube

今回紹介した動画では、要領のいい生活動線の考え方と、その他の細かい設計も具体的に解説されています。

平安きりん

生活動線というのは、家の中で生活する人が、家の中を移動する際のルートを線にしたものです。

行ったり来たりするような設計では、夢のマイホームでも後悔ポイントの発生源になりかねません。

そういった面もじっくり考えたい所ですよね。

しかし、マイホームの後悔ポイントは人によって、何に重きを置くかで変わってくると思います。

マイホームを建てるうえで、一番大切と言われていることが「多くの失敗談を聞くこと」です。

是非一度、この動画をご覧になって、理想のマイホームを実現するための参考にしてみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2