【部屋が片付かない人必見②】物がごちゃ混ぜの人の対策はコレ

「おおたけさん。片付け思考でラクに生きる。大竹洋子」(登録者数 1,760人)よりご紹介します。

今回ご紹介するのは、「片付けが苦手な人の特徴 物がごちゃ混ぜな人編」について解説した動画になります。

この動画は、片付けが苦手な人の特徴をシリーズで紹介している3つの動画のうち、パート②にあたる動画になります。

平安きりん

「物がごちゃ混ぜ」で悩むケースについて、その特徴と対策について解説した動画を紹介していますので、ご覧ください。

物がごちゃ混ぜの状態とは?

物がごちゃ混ぜの状態とはどういった状態のことなのか解説しているシーン。
出典 : YouTube

まず、動画の前半で話されているのが、「物がごちゃ混ぜ」とはどういった状態のことかについてです。

動画を理解するためにも、まずは、ここを共通認識として覚えておきましょう。

動画の中では、主に2種類の状態を「ごちゃ混ぜの状態」と定義しているのでチェックしておきましょう。

物がごちゃ混ぜとはどういう状態?
  • 「〇〇〇〇なものがあっちにもこっちにもある状態」のこと、または
  • 「〇〇〇〇〇〇に色々な種類の物が混ざっている状態」のことを指します。

ご自身の家の中を思い起こしていただき、このような状態になってしまっている場所はありませんでしょうか。

もし該当する場所に心当たりがあるなら、あなたの部屋にはキレイに出来る余地があります。

ぜひ動画をご覧いただき、物がごちゃ混ぜになった状態を片付けるポイントを押さえましょう。

ごちゃ混ぜ状態を片付けるポイント

物がごちゃ混ぜの場所を片付けるときに、一番最初にやるべきことを解説しているシーン。
出典 : YouTube

ごちゃ混ぜになってしまったところを片付けていく時に、まず最初にやるべきことは「〇〇〇のグループを作る」ことです。

この動画では、洗面所を片付ける時を例に挙げて、グループ分けのやり方を紹介してくれています。

どのような基準でグループに分けていけばいいのか、具体例をあげながら解説してくれているので、とても分かり易いですよ。

平安きりん

だいたいの基準・目安が分かれば、あとは片づける場所に応じて、若干アレンジしつつグループ分けをしていけばOKです。

グループ分けができれば、グループの置き場を決めてあげましょう。

それぞれのモノの戻る場所が決まれば、片付けは一気にスムーズになるはずです。

片づける場所に優先順位ってあるの?

この動画では、視聴者からよく寄せられる質問「どこから片づけ始めればよいのか?」に答えています。ぜひ参考にしてください。

このような視聴者が気になるあるあるな質問に回答してくれる点も、 大竹洋子さんの動画の嬉しいポイントの一つですね。

グループを作るときの注意点はこちら

グループ分けをして片づけるときに注意すべき点を解説しているシーン。
出典 : YouTube

最後に、グループ分けをして片づけるときの注意点を解説しています。基本的な考え方は、「同じようなものは同じ場所に固める」です。

が、このルールに忠実に従いすぎて、逆に生活が不便になったり、使いづらくなってしまっては意味がないですよね?

物によっては、臨機応変に対応する必要もあるので、そのあたりの注意点について、動画の一番最後に説明されています。

平安きりん

片付けをする目的は、見た目をキレイにすることはもちろんですが、使いやすい家・住みやすい家にすることですよね。

物がごちゃ混ぜな人の対策はコレだ

物がごちゃ混ぜになっているのが、部屋が片付かない原因の場合、ある程度自覚があると思います。

「自分は、家に物が多いほうかな…散らかっているな…」と。

時間はかかるかもしれませんが、順序に従って片付けを進めれば、一か所ずつ、確実に部屋が綺麗になるはずです。

平安きりん

粘り強く、根気強く、少しずつでもコツコツ前に進めていくことが大切ですね。

また、 部屋を片付けられない原因は、物がごちゃ混ぜなケースの他にもあります。

この動画を見終わったら、「元の位置に戻せない」「不要な物が多い」対策について解説している動画もあります。

ぜひ一緒にチェックしておきましょう。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2