【初心者向け】材料費100円、フェイクレザーの簡単トートバッグ

Handmade SunMoon’s Sewing DIY(登録者数2万2800人)が紹介する合皮で作るトートバッグが簡単で、ハンドメイド初心者さんでも気軽に作れます。仕上がりはシンプルで普段使いしやすいバッグです。

動画で紹介されたバッグはチャームも付いていて、自分なりのアレンジをしています。バッグがシンプルな分チャームを付けると目を引きます。SunMoonさんのように自分なりのアレンジをすると、世界で一つのオリジナルバッグにもなります。

バッグを手作りしたことがない方、自分だけのバッグが欲しい方がSunMoonさんの動画を観てみてほしいです。

材料費100円の手軽さ

SunMoonさんが作るトートバッグはフェイクレザーなのに材料費たったの100円でできます。
出典:YouTube

この動画で一番のポイントとも言っていいのが、材料費100円でフェイクレザーのトートバッグが作れるという点です。材料費が100円で済むなら挑戦しやすいですよね。使用するのは100円均一で販売されている、45×60㎝の合皮です。100円均一なので店舗も多いですし、ネットショップもあるので材料がすぐに手に入るというのはかなり魅了的です。

バッグ本体も持ち手部分もすべて1枚のフェイクレザーで完成します。フェイクレザーは綿生地とは違って生地自体がしっかりしているので接着芯も必要ありません。さらに今回は裏地も必要ないので、家庭にミシンを持っていて合皮が手に入る方であれば誰でも作ることができます。材料は安くて手軽なのに、合皮を使っているので仕上がりは高見えします。

合皮をミシン縫いするには

フェイクレザーをミシンで縫う時に、作業効率を上げてくれるアイテムを紹介してくれます。
出典:YouTube

フェイクレザーはミシンで縫う場合、滑ってうまく縫えない場合があります。そんなときに持っておくと便利なアイテムがあり、そのアイテムを使うだけで一気に縫いやすくなります。そのアイテムはテフロン加工のミシン押さえです。合皮が本革とは異なり、柔らかい生地で比較的縫いやすくなっています。ですがテフロン加工のミシン押さえで合皮を縫うと、使ってないときとでは段違いで縫いやすくなりますよ。1つ持っておけば本革はもちろんデニムなどの縫いにくい生地にも使えるので、初めに買っておくのもオススメです。

初心者向けのわかりやすい編集

ハンドメイド初心者さんでも理解できるように、いくつも動画に工夫されています。
出典:YouTube

SunMoonさんの動画では、ハンドメイド初心者さんでも理解できるような工夫がいくつかあります。例えば画面の上部に今どんな作業をしているのか字幕で表示しているので、作業の様子だけでなく文字でも作業内容を確認することができます。作り方自体もシンプルで、裁断もミシン縫いもほとんど直線です。切れ端もほとんどないので、ゴミも出ないです。

さらにこれからミシンで縫い合わせるところを点線で可視化してくれており、バッグを全く作ったことがない人にはすごく助かると思いますよ。

カシメの扱い方を学べる

カシメの使い方まで知ることができます。
出典:YouTube

カシメはハンドメイド初心者だとなかなか聞き馴染みのない名前ですよね。また、カシメを使うためには目打ちや打ち具、トンカチなど専門的な道具が必要になってきます。この動画ではカシメをバッグ本体と持ち手部分をくっつけるために使われています。カシメの使い方が知りたいという方はぜひSunMoonさんの動画を観てみてください。

反対にカシメを使うことに抵抗がある方にはミシンでバッグ本体と持ち手を縫い付ける方法も紹介してくれています。バッグを作ったことがないという方は、まずミシンで縫い付けるやり方で挑戦してみるのがオススメです。

まとめ

SunMoonさんの紹介するトートバッグは、合皮を使っているのに材料費がたったの100円で済むので、ハンドメイド初心者でも気軽に作れます。裁断やミシン縫いも直線ばかりなので作り方も簡単です。できあがったバッグはシンプルですが高見えするので、普段使いにもピッタリです。バッグ作りに挑戦してみたい方、カシメの使い方を知りたい方はSunMoonさんの動画をぜひ覗いてみてください。

こちらもチェック!
ハンドメイドチャンネルのインスタグラムにSunMoonさんのインタビューを掲載しています。
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2