【ハンドメイドの基本】2つ穴ボタンの付け方がマスターできる動画

「アトリエ編集部」(登録者数3,800人)よりご紹介します。

今回取り上げる動画は、「2つ穴ボタンの付け方」を解説した動画です。

ハンドメイドでももちろん役立つテクニックですが、既製品のシャツのボタンが取れてしまった時にも使えるテクニックです。

ささっと付けることができれば、とっても便利ですので、この動画を見ていただき、完璧にマスターしてしまいましょう。

じっくり手元を見ることができる

この動画の特徴である「大きく拡大した手元」が映っているシーン。
出典 : YouTube

動画の最初から最後まで共通していることですが、針と糸を動かしている手元が大きく拡大されている映像とテロップが続きます。

このような裁縫のテクニックは、紙ベースの解説だと、どうしても分かりにくさを感じてしまうことがあります。

頭では理解できても、実際にどのように手を動かせばいいのか、分かりにくいこともあるでしょう。

平安きりん

シンプルなテロップも、必要最低限の情報を頭に入れることができるので、とても分かりやすいですね。

「アトリエ編集部」の裁縫関連の動画は、基本的にナレーションはありません。

だからといって、分かりにくい、ということもありませんし、外出中でも音無しで視聴できるので、気軽に見られていいですね。

こちらの動画もあわせてご覧ください

ちなみに、4つ穴ボタンの付け方を解説した動画もあるので、せっかくなので一緒に視聴し、バリエーションを増やして下さい。

動画で学んだあとは練習あるのみ

青色の生地に赤い糸を使って、2つ穴ボタンを縫い付けるときのポイントを解説しているシーン。
出典 : YouTube

2つ穴ボタンを縫い付けていくときの一番のポイントは、「布とボタンの間に〇〇〇を持たせること」です。

これさえ頭に入れておけば、作業自体は、同じ動作の繰り返しになるので、そこまで難しいことはないと思います。

このポイントを見逃して縫い付けてしまうと、ボタンがつけられなくなってしまうので、必ずチェックしておきましょう。

平安きりん

ボタンの完成形をイメージしてもらえれば、なんとなくポイントは分かるかもしれないですね。

動画を見て、ポイントを理解してしまえば、あとは、練習あるのみです。繰り返し練習して、感覚をつかみましょう。

このような技術的な解説動画は、見るだけでなんとなく出来てしまった気になりがちですが、大事なのは動画視聴後です。

頭の中にイメージがあるうちに、また繰り返し動画を見ながら、一緒に練習をしていけば、すぐに上達するはずです。

早く上達するポイント

早く上達するポイントは、まずは動画を見て、そのまま真似をすることです。

最後の糸の止め方まで見逃し厳禁

ボタンを取り付ける仕上げの部分で、見逃しがちだけど重要なポイントを解説しているシーン。
出典 : YouTube

この動画でチェックして頂きたいのは、ボタンのつけ方だけではありません。

最後に、一通りボタンを縫い付け終わった後、糸を切る直前のところまで、必ずチェックするようにしてください。

縫い付け方に注目しがちですが、最後の糸の結び方も、非常に大切なポイントになっています。

平安きりん

より強度を増すために、玉結びをする前に、一工夫を加えます。

動画を途中まで見て、「あとは玉結びするだけね」と、途中で離脱してしまわないように注意してください。

このひと手間をするかどうかで、ボタンの強度は大きく変わります。要チェックポイントです。

最後まで大切な内容が詰まっています

動画の中では、さらっと解説していますが、見逃しがちなところなので、必ず注目して、真似するようにしてくださいね。

2つ穴ボタンの付け方をマスターしよう

動画を見れば、2つ穴ボタンの付け方は、ばっちり理解できると思います。やり方が分かった後は、練習あるのみです。

頭の中で分かっていても、なかなか思うように手が動かないことなんて、よくあることだと思います。

一度上手くいかなかったからといって、「この動画ではボタンが付けられるようにならない」とあきらめてはいけません。

平安きりん

繰り返し動画をみて、出来るようになるまで練習してみてください。

ボタンが付けられるようになれば、携帯用ソーイングセットさえ持っていれば、万が一外出先でボタンが外れても安心です。

未来の自分を助けることにもなりますので、この機会に2つ穴ボタンの付け方を、この動画を見てマスターしてくださいね。

2分30秒ほどで見ることができる短い動画ですので、空いた時間にでも是非ご覧ください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2