【プレイバック昭和】カセットテープなみたいなミニポーチに感激

「Koimi DIYの部屋」(登録者数8.21万人)よりご紹介します。

このチャンネルは、主に紙袋やパッケージを使ったリメイク動画をアップしています。

真似して作りやすいのが特徴のチェンネルよ。

今回は、そんな同チャンネル中から、特におすすめの「カセットテープを使ったミニポーチ」動画の見どころを中心に紹介します。

懐かしのカセットテープが大変身

投稿者さんが作った柄の違う3つのミニポーチが、テーブルの上で紹介されている場面です。
出典 : YouTube

この動画は懐かしさを感じることができる内容になっています。

ハンドメイド・DIY動画を観て「懐かしい」という感情が芽生えるのは、きっと珍しいでしょう。

懐かしさの理由はもちろんカセットテープです。

ポイント

今は使われることがほとんどなくなったカセットテープが登場

世代によっては思い出がいっぱいだね。

そんなカセットテープがレトロ感溢れる素敵なミニポーチになって生まれ変わります。

必要な材料

手に持ったキットカットのパッケージとテーブルに置かれたカセットテープが映っている場面です。
出典 : YouTube

今回のミニポーチ作りに必要な材料はこちらです。

材料
  • カセットテープ(100均や大手家電販売店でも購入できます)
  • デザインとなるお菓子のパッケージ
  • フェルト(黒色推奨)
  • 厚紙(カセットテープ本体の色に近いものが良い)
  • 窓ガラス目隠しシート(ダイソー)
  • ファスナー(玉付き)
  • 布用強力両面テープ
  • 紙用両面テープ
  • 針と糸(黒色推奨)
  • ペンチ

100均で買えるものが多く、お金をかけなくても安く作れるのがポイントです。

動画では主にキットカットのパッケージでミニポーチ制作が行われています。

ただ、自分の好きなお菓子のパッケージでも代用できますので、好みに応じて準備するといいでしょう。

動画を観れば分かる簡単な作り方

作業台の上で、お菓子パッケージから切り出したい図柄の位置を決めている様子を映した場面です。
出典 : YouTube

完成品のクオリティが高いので、作るのが難しいのかなと思ってしまいますが、誰でも簡単に作ることができます。

主な作業

測る(採寸)・切る・貼る

途中でポーチのサイドの部分だけは針と糸で縫う必要がありますが、それも特別な縫い方は必要ありません。

ざっくり縫えていれば大丈夫です。

誰でも作ることができるミニポーチと言えます。

動画の長さは約9分

短い動画ですので、ちょっと空いた時間で観ることができます。

また、全ての工程が分かりやすいように編集してくれていますので、試して作る時も迷うことはありません。

材料の準備が整ってから完成までの実際の作業時間は、1~2時間あれば十分でしょう。

視聴者の反応

今回のカセットテープを使ったミニポーチは、素敵なDIY・ハンドメイド作品になっていると思います。

その証拠にコメント欄にもたくさんのコメントが寄せられており、多くの人の関心を引いていると言えるでしょう。

せっかくなので一部を要約して紹介したいと思います。

寄せられたコメント
  • ナイスアイデア、感動しました。
  • 逆に新しいと思います。
  • すごく可愛い、作ってみます。

ポジティブなコメントが多く、とても大好評です。

ちなみに、「カセットテープを見たことがない」というコメントもありました。

世代によっては、もしかしたらカセットテープはちょっと謎のアイテムなのかもしれません。

カセットテープを知らない世代にもおすすめ

動画が終わる直前に柄の違う4種類のポーチを並べている時の様子を映した場面です。
出典 : YouTube

世代によっては謎のアイテムかもしれないカセットテープですが、コメントにもあったようにこのポーチは斬新です。

カセットテープそのものは古い製品ですが、アイデアは新しく、素敵なハンドメイド作品と言えます。

ポイント
  • レトロ感がある
  • ノスタルジックな感じがする
  • 斬新な出来栄え

仕上がった感じはカセットテープだからこそ出せる魅力を醸し出しています。

パッケージ次第でインスタ映えもするわ。

敢えて昭和な感じに寄せるのもオシャレね。

平安きりん

アイデア次第でデザインは無限大です。

もちろん女性だけじゃなく、男性もコインケースなどの用途で便利に使えると思います。

世代・性別問わずおすすめのミニポーチです。

とてもおすすめの動画ですので、ぜひ一度観てみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2