フェルトと布で作るおしゃれな【ワンハンドルトートバッグ】の作り方

「ぬいものじかん〜fellkate」(登録者数 9,730人)よりご紹介します。

今回ご紹介する動画は、持ち手の幅が広めの「ワンハンドルトートバッグ」の作り方です。

本体部分のベースはフェルトなので、普通の布製のトートバッグよりも、はるかに簡単に作ることができます。

このトートバッグは、荷物が多くても腕が痛くならないのがメリットです。

トートバッグは何個か持ってると便利ですが、その中にワンハンドルトートバッグがーつあると重宝しますよ。

メリット
  • フェルトをベースにしているので、布端の処理が必要ない
  • 底部分のマチを簡単に作れる
  • 直線パーツで見た目より簡単に作れる
  • 本体に2mm厚のフェルトを使っているので丈夫
  • 持ち手の幅が広いので、荷物が重くても腕に食い込まない

作り方は複雑なようにも思えますが、案外シンプルなので初心者でも十分トライできます。

あなたも是非、この動画を見て「ワンハンドルトートバッグ」を作ってみてください。

パーツは3つだけ

型紙には3種類のパーツが書かれています。メインのフェルトとバッグの口の辺りに縫う布が2枚と幅が広めの持ち手です。
出典 : YouTube

今回ご紹介するトートバッグのパーツは大きく分けて3種類です。メインパーツのフェルトは、本体に使います。

平安きりん

フェルトはカラーバリエーション豊富なマーブルフェルトを使用しています。鮮やかな黄色が可愛いですね。

フェルトの上に当てる布は、アクセントとしてテキスタイル生地を使用。上に生地をつけることで、無地のフェルトが一気に可愛くなります。

持ち手は9cm。幅をしっかり取った型紙です。これなら、腕にかけても食い込んで痛くなりにくいですね。

平安きりん

このようにパーツの種類も3種類だけなので、かなりシンプルで作りやすいのが特徴です。

見逃さないで

動画でも説明していますが、本体に当てる布とハンドルの布の縫い代は1か所だけ長めに取りますので、動画でチェックしましょう。

このトートバッグがシンプルな秘密がもう一つあります。それはフェルトを使っているということです。

フェルトはカットしてもほつれないので、サイズが大きくても処理が楽なのです。

トートバッグに合わせる布は意外に重要

今回使用するフェルトは2mmのマーブルフェルトで色は黄色です。あて布に合わせる為に広げています。
出典 : YouTube

材料をカットしたら、いよいよ裁縫です。最初のステップはフェルトに布を当てて縫う作業ですが、この布が実は重要なのです。

この当て布は、トートバッグの入れ口に縫います。

トートバッグをおしゃれに見せるワンポイントになっているので、見た目がアップグレードするような柄をしっかりと選んでくださいね。

ワンポイントアドバイス

今回使用するフェルトは2mmと厚手なので、ミシンで縫うことをおすすめしますが、手縫いの場合は返し縫いで縫うようにしましょう。

当て布を縫ったら、フェルトを半分に折って本体の両サイドを縫っていきますが、裁縫はとてもシンプルです。

本体を縫うといっても両サイドの直線を縫うだけなので、ものすごく簡単です。ミシンだとすぐに縫えてしまいますよ。

平安きりん

フェルト本体を半分に折って縫うときは、ズレないようにクリップなどでしっかりと留めてから縫いましょう。

このステップがいかに簡単かどうかは、動画を見れば一目瞭然です。是非チェックしてみてください。

たっぷりマチ幅を取る

バッグの底にマチを作ります。マチを作る為に本体の底の辺りを指で指し示しながら確認しています。
出典 : YouTube

本体の裁縫が終わったらトートバッグとしての形ができてきますが、完成までもう少し頑張りましょう。次はマチを作ります。

今回はワンハンドルタイプなので、入れ口を広げることができません。

そのためマチの幅を大きくとって、荷物を出し入れしやすくしています。

マチがある分、スクエアバッグみたいにコロンとしたデザインになっています。

マチの部分は厚みが出るので、作るときは慎重に。

ポイントやコツは、動画で詳しく説明していますので、是非チェックしてみてください。

マチが出来上がった様子を説明しています。なかなか良い感じのマチに仕上がっています。
出典 : YouTube

マチが出来たら、いよいよ持ち手をつけます。持ち手は9cm幅と太いので、縫い合わせた後に生地を表に返すのもラクラク。

手アイロンでしっかり押さえて、ステッチをかけていきます。

口布に縫い代を隠して縫うので、裏布もいりません。持ち手を本体に縫い付けたら完成です。

今回はワンハンドルトートなので持ち手は2か所縫うだけなので楽ですね。

手作りトートバッグは何となく大変そうですが、直線縫いだけなので、意外に簡単に作れます。

見た目より簡単に作れ

今回はワンハンドルトートバッグの作り方動画をご紹介しました。見た目と違ってシンプルなので初心者にも取り組みやすいです。

最大のポイントはフェルト生地を使っている点。11cmもマチがあるのは、ハンドメイドならではですよ。

フェルト生地がしっかりしているから、1枚布なのに置いても自立するんですよ。オシャレなお出かけトートバッグです。

なぜフェルト生地だと簡単に作れるのですか?

平安きりん

それは1枚のフェルト生地を半分に折って作るからなんですよ。半分に折ることで裁縫の工程が減るから簡単なんです。

コロンとした見た目が可愛いワンハンドルトートには、実はメリットがたくさんあります。

あなたも是非この動画を見てワンハンドルトートバッグを作ってみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2