【もはやガラス】透明度がハンパないレジンのキューブピアスの作り方

「miyaRo」(登録者数2.52万人)よりご紹介します。

レジン液を使えば、アクセサリー等に使うパーツを簡単に作ることができますよね。

そもそもレジンは透明感が魅力ですが、それをさらに、ガラスと見紛うほどにまで高めたいと思いませんか?

今回の動画では透明感の高いキューブ型のモチーフを作り、ピアスに仕立てる方法を紹介していますよ。

チャーム作りに便利なモールド

ドット柄のある淡いブルーのマットの上に、作品作りのための型が置いてある。型はシリコン製でキューブ型。アクセアリーが作りやすいように、各型の中央からは棒が伸びている。
出典 : YouTube

レジンでは、モールドと呼ばれる型に液を流し入れ、それを硬化させてパーツを作りますね。

今回の動画で使われているのは、サイズも様々なキューブを作れるモールドです。

シリコン製のモールドですが、四角い型をよく見ると、何やら出っ張っているものが目に入りませんか?

あの部分には、一体どんな意味があるのでしょう?デコレーションをする時に邪魔になりそうな気がします。

平安きりん

今回の動画では、レジンのチャームをピアスに仕立てます。その際に、あの出っ張りが非常に役に立つんですよ。

このモールドがなぜアクセサリー作りに役立つのか、それは序盤ではなかなか分かりづらいかもしれません。

しかし最終的には納得して、思わず手を打ってしまいそうな意味があるんですよ。

こちらのモールドが持つメリットについては、動画でしっかりとチェックしてくださいね。

デコレーション素材をチェック

型に流し入れたレジン液に、デコレーションを施している場面。小さな丸いケースから爪楊枝を使って、キラキラ光る欠片を取り出している。
出典 : YouTube

100均や手芸店でレジン関連の材料を見ると、実に様々なアイテムがあるのが分かるかと思います。

レジンの出来を大きく左右するデコレーション材料もまた、各種取り揃えられているでしょう。

たくさんあり過ぎて、どんな風に使えばいいか迷ってしまうかもしれません。

そんなあなたに
  • どんなデコレーション素材があるのか
  • その素材をどうやって使えばいいのか

今回の動画を見ればこれらのことが分かり、デコレーションに関して詳しくなれるでしょう。

こういう雰囲気にしたい時にはこれ、この素材はこういう風に使えばいいといったことが、動画を通して学べると思います。

レジンをこれから始めようという場合には、まずは動画で紹介されている材料を使ってみるのもいいでしょう。

あるいは動画で紹介される材料を組み合わせて、自分なりのデコレーションを考えてみるのもいいですね。

透明度を上げる方法

出来上がったレジンのチャームを、さらに透明に見せるための作業を行う場面。ゴールドとピンクっぽいカラーリングのキューブチャームが2対置いてあり、その傍に新しくレジン液を絞り出している様子が映り込んでいる。
出典 : YouTube

透明感が売りのレジンですが、ただ硬化させただけのものは、透明度が若干低いようにも感じられます。

それだけでも十分美しいといえますが、こだわりたいならもうひと手間を加えましょう。

チャームの透明感がぐっと上がり、まるでガラスのように輝いてくれると思いますよ。

平安きりん

特別な道具を使い、大変な労力をかけて磨きをかける…といったことはありませんので、安心してくださいね。

レジンチャームの透明度を上げる方法は、ごくごく簡単なことです。

単にそのテクニックを知っていたかどうかという点が、透明度を左右していたともいえるくらいですよ。

そんなマル秘テクニックを知りたいあなたは、今すぐ動画を見てみましょう。

まるでキャンディーみたいなレジンチャーム

デコレーションや透明度を上げる工夫を施されたレジンチャームは、最後にはピアスに仕立て上げられます。

キラキラと光るチャームはどこか、子どもが大好きなキャンディーを思わせますね。

ピアスに仕立てる頃には、突起が付いたモールドの謎も、すっきり解明されていることでしょう。

ここに注目

レジンの材料の多くは、100均でも購入可能です。新しく始める場合にも、取っつきやすいハンドメイドですね。

まずは100均材料で作り慣れて、それから本格的に楽しむこともできるでしょう。

今回の記事を読んで、透明感がものすごいレジンチャームに興味を持ってもらえましたか?

それならば是非、「miyaRo」にてアップされている動画をチェックしてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2