【エコバッグの作り方】4ヶ所縫うだけ、手縫いでもOKな作り方とは

「ゆうかりちゃんねる」(登録者数7,740人)よりご紹介します。

今回の動画では、「たった4ヶ所縫うだけで完成する」巾着タイプのエコバッグを作る方法が紹介されています。

エコバッグはレジ袋が有料化されてから、より一層、活躍する機会が増えましたよね。

簡単に手早く、エコバッグを手作りする方法を動画を観て学んでいきましょう。

簡単なハンドメイドで、日々暮らしを少しでも快適にしたい!

縫い箇所4つだけ、手縫いもOK

この動画で紹介されているエコバッグの作り方ですが、その一番の特徴は、何と言っても縫う箇所が4つしかないことです。
出典 : YouTube

便利なエコバッグを手作りできたらいいけど、家にミシンがありません。

平安きりん

手縫いでも作れるエコバッグなので大丈夫ですよ

動画で紹介されているエコバッグは、縫い箇所たった4つと、とても少ない作業量で作ることが出来ます。

ミシンをお持ちでない方も、わざわざ購入する必要もありません。

手縫いで作ろうとした時に、大変なところはあるのかな?

通常「長く縫う箇所」や「厚みのある箇所」は手縫いでは大変ですが、ご安心ください。

このエコバッグの作り方が簡単なのは、縫い箇所の少なさ以外にも、次のような特徴があるからなのです。

簡単にできる理由
  1. 連続して縫うのは、長くても40cm前後
  2. 厚みのある部分は、4箇所全て短い
  3. 簡単な縫い方しかない

ミシンよりは時間はかかるとは言え、手縫いの場合でも、多くの時間を割かずに仕上げられるでしょう。

秘訣はミニカーテンを使うアイディア

セリアで購入した、グレーに白地のグラフチェック柄のミニカーテンが材料です。他の100均でも探してみたいですね。
出典 : YouTube

たった4箇所縫うだけで済んでしまうのは、生地にミニカーテンを使っているところに理由があります。

エコバッグの生地として使われているのは、セリアの3段ボックス用のミニカーテン、1枚分です。

これが平置きで約縦35cm、約横幅37cmの巾着タイプのエコバッグに仕上がります。

平安きりん

ミニカーテンのサイズは約縦85cm×横42cmです。

「商品」であるミニカーテンを生地に使うことで、省略できる作業は次のとおりです。

省略できること
  1. 布端処理
  2. ひも通し道の片側分(このバッグでは持ち手を通すところ)

普通の布地であれば、布端処理が必要ですが、最初から全て終わっている状態なんですね。

また突っ張り棒を通す部分は、ひも通し道にすることができます。

ひも通し道も、最初から半分出来上がっている状態なのです。

ミニカーテンを使うアイディアが、作業短縮の鍵だったんだね

材料もリーズナブル

縫い箇所が4つで済むことも魅力ですが、材料が安価で揃えられることも嬉しいですね。
出典 : YouTube

ミニカーテンは作業短縮のためのアイディアとご説明をしましたが、もちろん値段の安さも魅力ですよね。

ミニカーテン以外には、用意が必要な材料は2つだけです。

どちらも100円均一でも購入できるので、ミニカーテンと一緒に揃えられます。

材料一覧
  • ミニカーテン
  • ランチベルト
  • カラーベルト/25mm幅/約90cm分

そして道具の方ですが、ミシンを無理に購入する必要はありません。

ミシンを除けば値段も安く揃えやすいものばかりです。

こちらも全て100均で揃えられるかもしれませんね。

道具一覧
  • ミシン、もしくは手縫い針
  • まち針
  • ひも通し
  • はさみ

お財布に優しいハンドメイドなのも嬉しい!

重たいモノを入れたりして使う機会が多いエコバッグ、作り替えの頻度も高くなるでしょうし、材料費が安く済むのは嬉しいことです。

実際の作業工程は動画を観ていただければ、初心者の方でも簡単に作れるようになっていますのでチェックしてみてください。

便利なエコバッグを手作りしてみよう

たった4箇所縫うだけでエコバッグを作る方法について、解説する動画をご紹介しました。

簡単、手短な上にリーズナブルで、実用性もあり、お金も時間も掛からないハンドメイドで素敵ですね。

記事を読んで、エコバッグを簡単に作る方法に興味を持った方は、ぜひ一度この動画を覗いてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2