【ママミニマリスト】15着からどうやって公園コーデを選ぶのか解説

「いざわひとみ暮らしの整理研究所」(登録者数2,090人)よりご紹介します。

今回の動画では、服の着回しに関するいざわさんの考え方が紹介されています。

YouTubeやSNSに寄せられる質問の中でも、服に関する内容は特に多いと話していました。

平安きりん

少ない服で子育てをしているいざわさんのコーディネートを知ることができます。

公園コーデを固定する

クローゼットの前でいざわさんが服について説明してくれています。
出典 : YouTube

子どもと遊ぶために公園に行くとなると、普段のおしゃれ着ではでかけられませんよね。

ママミニマリストのいざわさんは、服を15着しか持っていないそうです。

公園に行く際いざわさんがどんな服を着ているか、動画の中で季節ごとに解説しています。

公園にいくときは「あるアイテム」を毎回着ているといざわさんは話します。

実は、公園に行く際は毎回同じこの服を着ているそうです。

いざわさんは実際にその服を取り出し、着回しや作りについて動画で説明してくれています。

その服を着ている理由はとにかく「ラク」だからと話します。

半年間は着まわせる

いざわさんは動画の中で、「この服で半年は公園に行ける」と説明していました。

真夏の暑い季節から、少し肌寒い日、10月前後の秋ごろまで、同じアイテムを着まわすことができると言います。

ポイント

温度調節は、他の服との重ね着で解決

いざわさんは同じアイテムをベースにして、羽織ものなどを活用することで、季節に合った服装にしているそうです。

気になる着回しの内容については、動画で詳しく説明しています。

服を固定する2つのラク

少ない服で生活することにはメリットがたくさんあるそうです。
出典 : YouTube

いざわさんがこの服を選んでいる理由は、2つの「ラクさ」が理由だそうです。

動画の中で、いざわさんは「服が好きで選ぶのが楽しい人もいると思う」と前置きしています。

その上で、「自分は反対にコーディネートにこだわらないのが快適なタイプ」と話していました。

1つ目のラク

子どもと公園に行くというのは、シチュエーションが特殊であるため、服選びも慎重になる必要があります。

公園に行った際の自分や子どもの行動を想定してみると、着られる服の条件がかなりせばまりますよね。

そんな中でいざわさんがこの服を選んだのは、とにかく手入れがラクだからだそうです。

平安きりん

手入れに手間がかからないものが一番です。

加えて、公園で走り回る子どもを追いかける際には、動きやすい服であることが大切です。

伸縮性に優れ、動きの制限にならないような素材のこの服が、いざわさんの公園コーデにはぴったりだそうです。

公園に着ていく服をどうすればいいか悩むことがあるのなら、動画の説明を聞いて納得できること間違いなしです。

2つ目のラク

続いていざわさんは「コーディネートのラクさ」について説明しています。

15着しか服を持っていないいざわさんは、シチュエーションに合わせて服を持つことを心がけているそうです。

「公園に行くならあの服」とその場でサッとクローゼットから服を取り出すことができるので、悩む必要がありません。

忙しいママにとってはこれは重要なポイントですよね。

状況に合わせて服を選んでいるので、「今日はコレ」とはじめから着るものが決まっているそうです。

動画の中で、いざわさんは季節ごとの具体的なコーディネートについても解説しています。

この動画を見れば、実用的で使いやすいコーデを知ることができます。

同じ服を着ることへの抵抗

いざわさんが、毎回変わらない服を着て公園に行くことへの抵抗がなくなった理由について語っています。
出典 : YouTube

今回いざわさんは公園にはこの服で行くと決めていると話していました。

この話をすると同じ服を着ていくかと、質問を受けることがあると言います。

人に見られているかもしれませんよね。

実はいざわさんも以前はこの点について悩んでいました。

しかし、コーディネートを気にしなくていいことが快適で、「制服化」してからは、そのまま継続するようになったと話します。

その際の心境の変化について、いざわさんが赤裸々に話しています。

ポイント

コーデを固定するのは、向き不向きがある。

いざわさんは、価値観はひとそれぞれなのでそれを押し付けることはできないと語っていました。

このやり方は持ち物を少なく維持できる上に楽ですが、合わない人もいるかもしれません。

いざわさんが動画の中で語る価値観に共感できるのではあれば、この方法はおすすめです。

服の管理が楽になる

今回の動画では、公園コーディネートについて紹介されました。

いざわさんは、公園に行く際はいつも同じ服を着ているからこそ、15着という少ない服でも問題がないのですね。

同じ服を着ることに対して抵抗がないのかというテーマに沿って、いざわさんの洋服観についても知ることができる動画です。

少ないものでストレスなく暮らすためのポイントとなる考え方でした。

しかし、いざわさんが動画の中で話している通り、誰しもがこの価値観を目指すべきというわけではもちろんありません。

自分が快適に感じることができる生活スタイルを探していくことがなによりも大切です。

ヒントの詰まった動画になっているので、ぜひ「いざわひとみ暮らしの整理研究所」をのぞいてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2