【汚部屋脱出】寝室のインテリアや収納の改善方法【片付け】

「七尾亜紀子の整理収納レッスン / Nanao’s Home Organizing & Storage」(登録者数6.15万人)よりご紹介します。

こちらの動画では、整理収納アドバイザーの七尾さんが寝室の片付け方や収納方法についてご紹介しています。

寝室がいつの間にか汚部屋になってしまっているという方も多いのではないでしょうか。

「寝室の片付け方がわからない。」

「物が多すぎてどうやって収納したらいいか知りたい。」

このようなお悩みを抱えている方におすすめの動画となっております。

こちらの動画でわかること
  • 寝室の片付け方
  • before&after

これらの見どころをわかりやすくご紹介していくので、ぜひこちらの記事を読んで動画を見てみてください。

寝室の片付け方

育休中に片付けたという解説をしている七尾さんの画像です。
出典 : YouTube

こちらの動画では、七尾さんが実際に寝室を片付けた時の状況を解説。

整理収納アドバイザーとして活躍している七尾さんですが、昔はお部屋が片付けられなかったと語っています。

平安きりん

今のお部屋がすごく綺麗なので、とっても意外ですね。

そんな七尾さんの寝室が綺麗になっていく様子を写真で見ることができます。

解説付きなので、片付けに悩んでいる方はぜひご覧ください。

きっとお部屋を綺麗にするヒントが隠れていますよ。

使っていない物は手放す

不用品を処分してスペースが開いた寝室の画像です。
出典 : YouTube

片付かないお部屋の特徴としてあげられるのが、使っていない物が多いという点です。

七尾さんのお家の寝室にも不要な物が多かったようで、処分してスペースを開けたことにより広く使えるようになりました。

捨てたくないという気持ちが強い方は特に、断捨離の場面で苦戦するかもしれません。

どうしても捨てたくないものは無理に処分する必要はないので、気軽にチャレンジしてみてください。

物が少し減るだけで、広く感じると思います。

また必要になったら購入しようという気持ちで、断捨離を行ってみましょう。

寝室の開いたスペースにスチールラックを設置している画像です。
出典 : YouTube

こちらの動画では開いたスペースにスチールラックを入れることで、収納場所を作っています。

床に物を置かないことで、広く見せることができるので、スチールラックなどの収納棚を設置するのは非常におすすめです。

狭く見える原因

部屋が狭く散らかって見える原因としては、床に物が置いてあったり散らばっていることが挙げられます。

小さな物や本などは収納ボックスにまとめて、すっきりと収納することで散らかり感を抑えることが可能です。

また、生活感を抑えたい方は、スチールラックに目隠し用のカーテンなどをかけるとおしゃれな空間に。

観葉植物や、おしゃれなライトを使ってホテルライクに仕上げてもいいですね。

インテリアの色に統一感を出すと、生活感が払拭されてホテルのような空間に仕上がります。

統一するのが難しいと感じる方は、お部屋のインテリアの色を3色に限定すると統一が簡単に。

before&after

寝室は不要な物を処分したり、床に置いてある物を回収してしっかりと収納。

クローゼットは、小物類をまとめたりボックスを統一することで機能的な収納に工夫することが大切です。

こちらの動画では、寝室が片付く前の状態と、片付けた後の状態を比較して見ることができます。

片付けとインテリアの工夫でこんなに変わるなんて驚きです。

生活感があった寝室もおしゃれになり、クローゼットは使いやすくすっきりと整頓されています。

寝室のbefore&afterが気になる方は動画でチェック。

これを機に寝室のインテリアや収納を見直してみてはいかがでしょうか。

ぜひ七尾亜紀子の整理収納レッスンの動画を見て片付けに挑戦してみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2