ハンドメイドで何を作ればいいのか教えます、齋藤貴栄の作家業開拓塾

画面中央から少し右に、たかえさんがホワイトボードを背にして、一生懸命に喋っている姿。画面中央から左側にかけてはテロップ。その文字は上から、定番?期間限定?  惑わされないで~! ハンドメイド 何を作ればいいの? と書かれています。惑わされないで~!は赤く塗られた横長の四角に白抜きされた文字で強調されています。
出典 : YouTube

「ハンドメイドたかえ 齋藤貴栄」(登録者数1,070人)よりご紹介します。

この動画はハンドメイド作家を目指すあなたに贈る、作家業開拓のための羅針盤です。

もしも何を作ればいいのか悩んでいるなら、この動画を見て作家業の基本姿勢を押さえて下さい、きっと役にたちます。

ハンドメイド作家に必要な基本姿勢

ハンドメイド作家を目指すとき、最初にぶち当たる壁は、What should I make?(私は何を作ればいいの?)です。

何を作ったら売れるのか、何を作ったら喜んでもらえるのか、悩みは大きいと思います。

そのような悩みを解決するために、画家でもあるハンドメイド作家のたかえさんが、基本姿勢を教えてくれますよ。

嬉しい、実は作る時間と売上が合わなくて悩んでいたんです。こういう話はとても助かります。

さあ、どのような姿勢で取り組めばよいのでしょうか。

この動画を見てハンドメイド作家の基本姿勢を理解し、ハッピーな明日を掴んで下さい。

考えるべき大切なこと

画面いっぱいにはホワイトボード、画面右端には、たかえさんの上半身、たかえさんはホワイトボードに向かって、ホワイトボードに書かれていることを説明をしています。
ホワイトボードには、何を、どんな作品を作ったらいいの? 考えるべきは、具体的には2種類、と書かれています。
出典 : YouTube

ハンドメイド作品というものは、作家の色々な思いが込められた、云わばそれを作る作家の情熱の発露です。

そして、作品を特徴づける大事なものは「〇〇〇らしさ」だと、たかえさんは教えてくれます。

それって、何ですか?

平安きりん

売れる作品になくてはならないものです。

もしもあなたが「〇〇〇らしさ」にピンときたら作家業の道程は順調ですので、動画を見てその理由をきちんと確認して下さい。

もしもあなたが「〇〇〇らしさ」にピンとこなかったら作家業のまだ入り口にいるので、この動画をしっかりと視聴して下さいね。

「〇〇〇らしさ」が大事な理由

ホワイトボードを背にして、画面のほぼ中央にたかえさん。たかえさんは、アニメ作品になった宮崎駿の文庫本シュナの旅という作品を両手で持ち、その表紙に書かれた宮崎駿の絵を、この絵を見てくださいといわんばかりに、前に突き出しています。
出典 : YouTube

たかえさんは、アニメの絵とその作家を取り上げて「〇〇〇らしさ」が大事な理由を説明しています。

誰かがあなたの作品を見て、あなたの作風を分かってくれたら嬉しいですね。

何故なら、あなたの作風が伝われば、あなたに期待するものや求めるものが、明確になるからです。

つまり、売れるということですね。

平安きりん

そのとおり、〇〇〇らしさが人を惹きつけるのです。

次にたかえさんは、「〇〇〇らしさ」を手に入れたとして、何を作ることに力を入れればいいのかという疑問に答えてくれています。

「〇〇〇らしい定番」に力を入れる

画面いっぱいにホワイトボード。画面の右端には、一生懸命に喋っているたかえさん。ホワイトボードには、上から、何を、どんな作品を作ったらいいの? 考えるべきは、あなたのブランドをゼロから作って、定番には力を入れていい理由、などが書かれています。
出典 : YouTube

ホワイトボードに書かれてある「あなたのブランド」、実はこれが「〇〇〇らしさ」が形になったものなのです。

そして、「定番には力を入れていい」とも書かれています。

それでは、その「定番」とは、いったいどのような「定番」なのでしょうか?

平安きりん

実は、それを実現させることが、何を作ればいいのかという問いの答えなのです。

あなたのブランドが作家活動を支えてくれる

齋藤貴栄さんは、悩みながらも自らの人生をアートしてエネルギッシュに生きているハンドメイド作家です。

ご自身のHPでは、次のように述べています。

時間やお金っていう制約に負けないで、自分らしく生きられる方法を掴み取って行きましょう!

引用 : 「プロフィールI売れるハンドメイド作家になる方法」 HPより

作品作りは、自分らしく生きる方法を探す、旅なんですね。

この動画が気に入った方は、是非チャンネル登録をして、ハンドメイド作家として確かな未来を掴みに行って下さい。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2