【おしゃれにDIY】裏地・ファスナー付き舟形ポーチの作り方

「* Baby&Kids * Handmade」(登録者30.5万人)よりご紹介します。

出典 : YouTube

今回は、裏地・ファスナー付き舟形ポーチの作り方をご紹介します。

マチ付きポーチなら使いやすそうだし、バッグの中の小物の整理に使えるかしら?

今回作るポーチは、前からみると四角い形で、横からみるとマチがついた三角の形のもの。

完成形

W22、H14、D7cm になります。

程よいサイズ感で使いやすくて、7㎝のマチも付いているので、収納力も十分ありそうです。

使い勝手が良さそうなポーチですね。

用意するもの

用意するものはこちらです。動画を確認してみてくださいね。

舟形ポーチの作るときに用意するものを説明した画像。
出典 : YouTube
用意する生地
  • 表面と背面の生地(2枚ずつ):W23、H16
  • 側面の生地(表と裏地1枚ずつ):W9、H48

※表面と側面の表地の裏には、同じ大きさにカットした接着芯を貼っておきましょう。

記事の他に必要なもの
  • 20㎝ファスナー
  • タグ(付ける人は用意)
平安きりん

表面と側面の生地を変えて作ると、おしゃれで可愛いポーチに仕上がりますよ。

* Baby&Kids * Handmade動画では、作り方を教えてくれています。

ぜひこちらの動画を参考に、一緒に作っていきましょう。

ポイント1:生地の下を曲線にカット

舟形ポーチの作り方を説明する動画で、生地の下の部分を曲線状にカットする作業を説明した画像。
出典 : YouTube

ポーチの特徴である舟形にするために、生地の下部をカットしていくそうです。

縦・横・斜めを測り取り、曲線で結んだ線を引いていきます。

ここがポイント

まず1枚だけ曲線にカットしたもの作っておくこと。

このカットし生地に他の3枚も重ねてカットすれば、作業がスムーズです。

舟形ポーチの形の基本となる大切な部分ね。丁寧に進めていかないと。

動画の説明を参考にしながら、進めていきましょう。

ポイント2:カーブに切り込みを入れる

表地と裏地を縫い合わせた生地のそれぞれのカーブしている部分にはさみで切り込みを入れていく作業を説明した画像。
出典 : YouTube

表地や裏地、側面の生地には、カーブの部分があります。

カーブの部分に切り込みを入れることで、生地を裏返したときに返しやすいそうです。

ここがポイント

切り込みを入れるときには、縫い目のギリギリまで入れること。糸を切らないように注意しましょう。

カーブに沿って細かく入れることで、曲線のラインがキレイに出て、仕上がりも良くなりますよ。

動画を参考に、焦らず丁寧に行っていきましょう。

ポイント3:裏地とファスナーをまつる

表地と裏地を合わせて、ファスナー部分を裏地に手縫いでまつっていく作業を説明した画像。
出典 : YouTube

まずは表地と同じように裏地を作ったら、裏地の中に表地を入れていきます。

平安きりん

中心の印に合わせて、縫い目に合わせて裏地を被せるのがポイントですよ。

最後に裏地とファスナーを縫い合わせていくのですが、この部分は手縫いでまつっていきます。

ここがポイント

縫い目が見えないように縫い目の上を縫っていくこと。

ファスナーがないところは、布同士を合わせてまつっていきます。

ここもポイント

ファスナーと同じ色の糸を選ぶと目立たないです。

縫い目が見えていないか、生地の表側を確認してながら行ってみてください。

ポーチ以外のアイテムづくりも

今回は、裏地・ファスナー付き舟形ポーチの作り方をご紹介しました。

* Baby&Kids * Handmade動画では、この他にもたくさんのアイテムが紹介されています。

使いやすいアイテム作りを紹介していて、他にも作ってみたくなりますね。

動画の見どころ
  • 作業のコツやポイントが分かりやすく、難しい作業がなく、気軽に作れそう。
  • サクサク作業を進めていく動画は見ているだけでも楽しい。

気になる方は、ぜひ * Baby&Kids * Handmadeの動画をチャンネル登録して動画をチェックしてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2