【紙袋DIY】本にぴったりサイズのブックカバーとしおりを作ろう

「Koimi DIYの部屋」(登録者数8.18万人)よりご紹介します。

今回ご紹介する動画は、紙袋でブックカバーをぴったりサイズに作る簡単な方法を解説しています。

また動画では、ブックカバーと一緒にしおりの作り方も紹介しており、セットで作ると可愛いですよ。

自宅に眠っているお気に入りの紙袋を準備して、ぜひ作ってみてくださいね。

紙袋ブックカバーの特徴

本屋さんで本を買うときに、ブックカバーをつけてもらえることはありますが、

ブックカバーが本のサイズと合っていない

もっとオシャレなブックカバーをつけたい。

という方がいるかもしれませんね。

今回のブックカバーは、本のサイズに合わせて、大きさのアレンジが可能です。

好きな紙袋で作ると、世界に1つだけのオリジナルブックカバーが作れますよ。

必要材料

まずは、今回のブックカバーとしおり作りに必要な材料をみていきましょう。

必要材料
  • お好きな紙袋(動画では、スタバの紙袋を使用)
  • スエード調手芸ひも
  • クリアファイル
  • 両面テープ
  • スティックのり

紙袋以外の材料も、DAISOなどの100円ショップで簡単に手に入るものばかりです。

中には、「自宅にすでにある」という方も多いのではないでしょうか?

材料が揃ったら、早速動画を観ながら作っていきましょう。

紙袋でブックカバーを作る方法

紙袋でブックカバーを作る手順は、以下になります。

作り方の手順 4ステップ
  1. 紙袋を開封
  2. 本のサイズを計る
  3. サイズに合わせて型紙をカットする
  4. のり付け

③のときに、紙袋を折り込んでカットする場所さえ間違わなければ、比較的簡単に作れそうな印象です。

それでは、具体的な作り方についてみていきましょう。

1. 紙袋を開封しよう

まずは紙袋をカットして切り開いていきます。

実際に、紙袋をカットしている様子や、カットする場所については動画を観ると分かりますよ。

取手部分も取り除いてOKです。紙袋が開けたら、好きな柄の位置を決めましょう。

2. 本のサイズを計ろう

本の縦サイズに合わせて線を引きます。
出典 : YouTube

紙袋が開封できたら、次に本のサイズを計っていきます。

サイズの計り方さえマスターできると、どの大きさの本でもぴったりなブックカバーが作れます。

本のサイズを計る際には、正しく長さを計りながら、数カ所線を引いていくのがポイント。

動画の見どころ

本のサイズに合わせた線の引き方を詳しく解説

3. サイズに合わせて紙袋をカットしよう

本から5㎝計って、余裕な部分をカットしましょう。
出典 : YouTube

本のサイズを計って線が引けたら、次は折り込んでカットしていきます。

動画の見どころ

紙の折り方・カットする場所や順番を丁寧に解説

本のサイズよりも少し余裕を持たせると、なお綺麗な仕上がりになりますよ。

詳しくは動画を参考にして、ブックカバーの形を整えてくださいね。

紙袋の余分な部分をカットすると、ブックカバーのベースが完成します。

4. のりづけして完成

本のサイズに合ったブックカバーが完成したら、1度本を入れて確認し、端の部分をのりづけしましょう。

のりをつける場所が曖昧な方は、動画をチェックしながら行ってくださいね。

平安きりん

のりづけが終わったらすぐに本を入れずに、のりがしっかり乾くまで待ちましょう。

乾くのを待っている間に、先ほど切り開いた紙袋の残りで、しおりを作ってみてはいかがでしょうか。

同じ紙袋でしおりを作ろう

100均のクリアファイルに2枚の紙を貼り付けたら、平行に整えた側のサイズに合わせてカットしましょう。
出典 : YouTube

続いて、しおりの作り方をみていきましょう。

残りの紙袋で作れるの嬉しいですが、中には「紙袋のしわや折り目などが気になる」という方はいませんか?

しかし、完成すると味が出て、手作り感ならではの良い仕上がりになるので問題ありません。

平安きりん

しおりの大きさは、お好みのサイズに作れますよ。(動画では、縦10㎝×横3.5㎝のしおりの作り方を紹介)

作り方はとってもシンプルで、クラフトに慣れている方は5分もあればできてしまいます。

紙を平行になるように整えて、両面テープをつけてクリアファイルに貼り付けてカットしましょう。

この工程で、しおりのベースが整いますよ。

動画の見どころ

さらにキュートなしおりにするための工程を解説

しおりのベースが整ったら、穴あけパンチで穴を開けて、スエード調手芸ひもを通すと完成です。

本好きな友人などに、手作りしたしおりをプレゼントしても喜ばれそうですね。

紙袋でブックカバーとしおりを作ろう

以上が動画の紹介になります。

オシャレで可愛いブックカバーとしおりがあると、本を読むのが思わず楽しみになりそうだと感じました。

作り方も材料もシンプルなので、思い立ったときにすぐに作れるのが嬉しいですね。

今回の動画を機に、余っている紙袋などで作ってみてはいかがでしょうか?

紙袋でブックカバーとしおりを作る方法が気になった方は、ぜひ動画をチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック!
ハンドメイドチャンネルのインスタグラムにワークショップ企画会社運営・Koimiさんのインタビューを掲載しています

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2