【模様が素敵】透明シートで作るカラフルな下地

「miyaRo」(登録者数2.52万人)よりご紹介します。

出典:YouTube

下地に使うシートって???

「下地に使うシート」…なんとなくピンときていない方も、意外といるのではないでしょうか?

グラデーションになっている下地が、モチーフを上手く引き立てています。
出典:YouTube

それでは、こんな画像ではいかがでしょう?

今回の動画で紹介している下地が、土星モチーフの背景に使われています。

よく見ると、背景の色がグラデーションのように変化しています。

動画の見どころ
  • 材料が100均で揃う
  • 波打つ素材感や色の乗りが可愛い
  • シートが薄いため使い勝手が良い

実は…この色合は、レジンで表現したものではないんです。

そんな不思議な下地の作り方が気になる方は、ぜひ動画をご覧ください。

材料は100均で揃えられる

余りがちなクリアポケットを、透明シートとして活用してみましょう。
出典:YouTube

今回使う材料は、「透明シート(クリアポケット)」とマニキュアの2つ。

どちらもほとんどの100均で手に入れられる身近な商品です。

透明シートにはいろいろな種類がありますが、マニキュアの色がしっかり乗るように、動画のような無地タイプを使うのがおすすめ。

作業に入る前に

市販されている透明シートには、いろいろな素材があります。素材によってはマニキュアが上手く乗らなかったり、溶けてしまったりする場合も。

動画で紹介している透明シートと同じであれば安心ですが、もし違うものを使う場合は、一度マニキュアを乗せてみるなどして確認しておきましょう。

マニキュアは透明度が高いものを選ぶと、透き通ったような印象で可愛く仕上がるようです。

凹凸があると色の変化が面白い

色を乗せていく作業は、無心で楽しめます。
出典:YouTube

動画では、透明シートへあえてシワを作ることによって、マニキュアの色乗りに強弱を付けています。

マニキュアの色乗りが平坦でなくなり、立体感が生まれますよ。

しっかりシワを作れば、色の強弱も強くなります。自分が表現したい色の強弱に合わせて、シワも加減していきましょう。
出典:YouTube

透明シートに自然なシワを作るなら「○○にする」のが、一番簡単でおすすめ。

動画では、シワを簡単に作る方法として紹介されていますので、ぜひ動画をご確認ください。

ただし仕上がりのサイズが少し小さくなるため、透明シートのサイズに多少余裕を持っておくと安心です。

色や形を変えてアレンジしやすい

透明シートで作る下地は、とにかく使いやすいのも特徴です。
出典:YouTube

透明シートで作る下地は、厚みが薄いため、作品の邪魔をすることなく使用できます。

また透明シートを切り抜けば、好きな形にも変えられるため、アレンジの幅が大きいのも嬉しいポイント。

動画では小さなレジン作品に使用していますが、大きな作品に使ったり、フレークとして使ったりすることもできそうです。

マニキュアで着色すると…

カラーレジンを使うなどしても、下地の色を変えたりマーブル状にしたりできます。ただし立体感が出にくいため、グラデーションを付けながらも立体感が欲しい場合は、透明シートにマニキュアで下地を作るのが最適です。

レジンと相性の悪いマニキュアも存在するため、マニキュアで着色後は十分に乾かしたり、変色の可能性があることも覚えておくといいでしょう。

透明感バツグンの下地を試してみて

おうちに余っているマニキュアの有効活用にも役立ちます。
出典:YouTube

透明シートで作る下地は、透明度の高いレジンやデザインにピッタリ。好きな色のグラデーションはもちろん、まったく反対の色で試しても可愛いものが出来上がりますよ。

可愛らしい「うねり」を感じる独特な世界観が気になる方は、ぜひ動画を確認して制作してみてはいかがでしょうか?

「miyaRo」のチャンネルでは、この他にも可愛らしいモールドを使ったレジン作品など、ハンドメイドを楽しみたい方には必見の動画が満載です。お子様と一緒にレジン制作をしたい方などにも、とてもおすすめの動画ばかりとなっています。

気になる方は、ぜひ「miyaRo」のチャンネルを覗いてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2