【ミシンでも手縫いでも】簡単できれいに仕上がるリボンの作り方

「* Baby&Kids * Handmade」(登録者数31.3万人)よりご紹介します。

「何か手縫いで小物の手作りを始めてみたい」今回はそんな方に向けて、布のリボンの作り方をご紹介いたします。

とても簡単で隙間時間で作れるので、忙しくてなかなか時間が取れないという方にもおすすめですよ。

何か作ってみたいという方におすすめ

ミシンの前で、完成したリボンを両手で持っている写真です。黄色と白のギンガムチェックがかわいいデザインです。
出典 : YouTube
リボンの使い方
  • お子さんのヘアゴム
  • お店で買ったシンプルなアイテムにプラスして印象を変える
  • ハンドメイドの作品につけてアクセントに

たくさん作っておいておすそ分けしたり、プレゼントのお返しに渡したりしても喜ばれそうですね。

こちらの動画で紹介されている作り方は、リボンをきれいに仕上げるコツが満載なんですよ。

「今までにリボンを作ったことがある」という人も、一度動画を覗いてみてくださいね。

布を裁断する

正方形に切った布と、リボンの真ん中の細長い布が並べてある写真です。黄色と白のギンガムチェックの布地です。
出典 : YouTube

はじめは、布を裁断していく作業です。リボンに必要な布の大きさは動画内で説明文で示されています。

お好みや用途に合わせて大きめにしたり、小さめにしたりと調整することも可能だそうです。

平安きりん

縫い代と返し口の場所が作品のポイントなので、動画で確認してみてください。

次からはミシンで縫っていきます。もちろん手縫いでも大丈夫ですよ。

半分に折って縫う

ミシンの前で、リボンの布を両手で持っている写真です。縫い代をアイロンで割る場面です。
出典 : YouTube
動画の見どころ
  • アイロンをかけながら進めるので、リボンの形がきれいに仕上がる
  • 返し口が表に出ない
  • コの字閉じが学べる

リボンがこんなにきれいに出来る方法は初めて見ました。

平安きりん

リボンを作ったことがあるという方も、ぜひ動画をチェックしてみてください。

動画では、コの字閉じの縫い方も見どころの1つです。

返し口を閉じるときにコの字閉じをすると縫い目が表に出ないので、きれいに仕上がります。

コの字閉じは袋物やぬいぐるみを作る時に欠かせない手法なので、覚えておくととても役に立ちそうですね。

真ん中の布を巻き付けて完成

ミシンの前で、リボンの本体に真ん中の布地を巻いている写真です。
出典 : YouTube

布地をひっくり返したら、真ん中に布地を巻き付けます。

この時の小さな布地のアイロンのかけ方も、ぜひチェックしていただきたいポイントです。

リボンを使っていると、真ん中の布地がどうしてもほつれたり、外れてしまったりします。

ボンドを使うと簡単なのですが、はみ出たり生地が汚れたり、きれいに仕上がらないのが悩みです。

特にヘアゴムにするときは、真ん中の布をしっかりと仕上げないと、ゴムからリボンが外れてしまいますよね。

作家さんがリボンをほつれにくくきれいに仕上げる工夫を説明しているので、動画を確認してみてくださいね。

リボンを使って違うアイテムに挑戦

今回ご紹介したチャンネルでは、中に綿が入ったふわふわリボンや、リボンのヘアクリップなどの動画もあります。

チャンネルで人気の動画「赤ちゃん用ヘアバンド」にもリボンが使用されているので、ぜひチェックしてみてください。

どれも、基本のリボンさえ出来れば作れるアイテムです。リボンを使って、新しいアイテムにも挑戦してみてください。

チャンネルのおすすめポイント
  • 手縫いで作れる
  • ハンドメイド初心者でも簡単にできる
  • 小さなハギレで作れる

* Baby&Kids * Handmadeでは、初心者でも手軽に始められる作品の動画が満載です。

コメント欄には、分かりやすい説明が参考になったと、感謝のメッセージがたくさん寄せられています。

新作も随時公開されているので、気になる作品があれば、動画でぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック!
ハンドメイドチャンネルのインスタグラムにBaby&Kids Handmadeさんのインタビューを掲載しています。
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2