【基本】4つ穴ボタンの付け方を完璧にマスターするための動画

「アトリエ編集部」(登録者数3,790人)よりご紹介します。

今回紹介する動画は、「4つ穴ボタンの付け方」を解説した動画です。 ハンドメイドの作品作りにボタンは必須ですね。

また、普段着ているシャツのボタンが取れてしまった時に、「自分でつけられたら…」と思ったことはありませんか?

今回は、4つ穴ボタンの付け方がばっちり分かる内容になっていますので、この機会に是非マスターしましょう。

ボタンを付けるときのポイントが分かる

布2枚分ほどのゆとりを残して、四つ穴ボタンを縫い付けていく様子を拡大したシーン。
出典 : YouTube

まずは、2つの穴に糸を通して、縫い付けていくことになります。

縫い付け方については、文章で説明するのはなかなか難しいので、ぜひ動画で実際の手の動かし方を確認してください。

最初のポイントは、ボタンを縫い付けるとき〇〇〇を持たせるということです。

平安きりん

〇〇〇を持たせる理由も、しっかり動画で説明していますので、ご確認ください。

今までボタンを付けた経験がない場合、いきなり完璧にやるのはなかなか難しいかもしれません。

ですが、動画を何回も見返して見て、気になるところは動画を一時停止しながら、進めていけば上手くいくはずです。

簡単にあきらめず、粘り強く挑戦してみてください。

こちらの動画もチェック

アトリエ編集部のチャンネルには、「2つ穴ボタンの付け方」を解説した動画もあります。一緒にマスターしておきましょう。

とにかく動画を真似すればOK

ボタンの根本に、糸をグルグルと巻き付けていく様子を拡大したシーン。
出典 : YouTube

1つ目に紹介したポイントも含めて、とにかくこの動画を見れば、4つ穴ボタンのつけ方は、確実にマスターできるはずです。

この動画にはナレーションはありませんが、手元を拡大した映像とテロップで、詳しく解説してくれています。

まずは、一時停止などをせず、動画を最初から最後まで通しで見ていくのがおすすめです。

平安きりん

まずは、ボタンを付ける全体の流れを把握しておくといいですよ。

一連の流れを確認してから、今度は実際に、手元に針と糸などを用意して、自分の手を動かしながらつけていきましょう。

動画の良いところは、好きなところで一時停止することもできますし、気になるところは巻き戻してチェックできる点です。

スマホを手元に置けば、いつでもどこでも、ボタンのつけ方を学ぶことができますね。

まずは、忠実に動画の手順を再現

基本的に動画の見たままを実践してみてください。アレンジは、基本をマスターしてからでOKです。

最後に糸を切る前にもポイントあり

玉止めをする前に、糸の根本で一度糸を結んでいく様子を拡大したシーン。
出典 : YouTube

この動画チェックすべきポイントは、ボタンを縫い付けるところだけではありません

何かを縫うとき、最後は基本的に「玉止め」で終わるはずです。玉止めの方法は、だいたい理解して頂けているかと思います。

4つ穴ボタンを付ける場合も、最後玉止めをするのですが、この動画では、一つポイントが紹介されています。

平安きりん

このポイントを施さなくても、ボタンを付けることはできますが、完成度に差が出てきます。

ボタンの強度を上げるために、是非真似してみてください。

動画を見て頂ければ分かるのですが、この工程は針やボタンを持っている指だけでなく、あいている指も駆使して行います。

初めは苦戦するかもしれませんが、何度か試してみて、丈夫なボタンの付け方をマスターしてください。

4つ穴ボタンのことなら「アトリエ編集部」

ボタンを取り付けることができたら、いよいよ最後は玉止めをして完成です。

この動画のコメント欄には、「分かり易い」「参考になります」という声の中に、「難しい」という声もありました。

一度動画を見ただけでは、できるような気はするかもしれませんが、実際はなかなかすぐにはできないものです。

平安きりん

動画を見れば、正しい付け方は100%分かります。あとは練習あるのみです。

4つ穴ボタンが付けられるようになると、裁縫・ハンドメイドの幅が一気に広がります。

そして、これからも出番は数えきれないほどあるはずです。この動画を見たことを機会に、完璧にマスターしてしまいましょう。

短時間でサクッと見ることができますので、早速ご覧ください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2