【通園・通学・習い事に】裏地がいらない簡単レッスンバッグを作ろう

「nunocoto」(登録者数9,910人)よりご紹介します。

こちらの動画では、幼稚園の通園用やピアノやそろばんなどの習い事で使う、通園・レッスンバッグの作り方を紹介しています。

nunocotoが紹介する作り方は、裏地も必要ありませんし、1枚仕立てで作れちゃいますよ。

どんな作り方かとても気になるので、早速ご紹介します。

用意する物① アクリルテープ

バッグ作りに使用するアクリルテープを紹介している様子。全部で6色のテープが並んでいる。
出典 : YouTube

最初に、持ち手の部分に使用するアクリルテープを100円ショップなどで購入します。

色も沢山ありますし、太さも色々ありますよ。

今回は、2.5㎝幅のアクリルテープを使用します。

これだけ色や種類があると悩むので、お子さんに選んでもらうのもいいですね。

持ち手は、37㎝を2本使用するので、長さを間違えないように気を付けてください。

74㎝以上入っているアクリルテープを購入しましょう。

用意する物② 布

使用する布を並べている様子。「用意するもの」と書かれたテロップの下に、布の大きさとアクリルテープの長さが書かれている。
出典 : YouTube

布は、裏と表用で2枚必要になるので、忘れずにご購入ください。

平安きりん

6.5㎝×40㎝の布からタテ32㎝×ヨコ38㎝のバッグが完成しますが、指定がある場合はそちらの大きさに合わせましょう。

作りたいバッグより何cm大きい布を用意すればいいかを計算してから、布をご購入くださいね。

布はお子さんの好きなキャラクターや、好きな柄を一緒に選びに行くといいですよ。

お子さんが選んだ布を使って作れば、きっと大切に使ってくれるはずです。

用意するものは、アクリルテープと布だけですよ。

この2つ材料だけでバッグが作れるのか少し心配ですが、こちらの動画を見れば、本当にたったこれだけでバッグが作れます。

使う物が準備出来たら、動画を確認しながら、いよいよバッグの形にしていきましょう。

バッグを作ろう

バッグのぬいしろをどこに、何センチ作りか示している様子。わかりやすく、点線が引かれている。
出典 : YouTube

早速、バッグの形にしていきましょう。

本当にアクリルテープと布だけで、スクールバッグが作れるのでしょうか。

実は、作業工程も3工程と少なく、とても簡単に作れるので、ハンドメイド初心者さんでも心配いりませんよ。

作業① 持ち手の処理

最初に、持ち手部分の処理をしてきます。

これは、簡単に持ち手がほつれてしまわないために行います。

これの処理をするとしないとでは、出来上がりが全然違いますよ。

詳しいやり方は、動画内でしっかりと確認してくださいね。

作業② 布を縫う

次に、ミシンを使って布を縫っていきましょう。

2枚の布の両端に、ロックミシンジグザグミシンをかけます。

両端をミシン掛けしたら、今度はミシンで底の部分を縫い合わせますよ。

ミシンを掛ける際に、注意点が2点あり、動画内で丁寧に説明してくれています。

この2点を守らないとちぐはぐなバッグになってしまうので、絶対に聞き逃さないでください。

ぬいしろを作るのを忘れずに縫い合わせましょう。

今回は1㎝のぬいしろです。

作業③ 袋口を作り、持ち手を付ける

次に、袋口を作りましょう。

アイロンを使ってキレイに折り返したら、バランスよく持ち手を挟み込んでから縫います。

バランスのとり方は動画で確認しましょう。

ここをさぼってしまうと、バッグに何かを入れた時、持ちづらくなってしまいますよ。

ここまできたらほぼ完成ですが、最後に仕上げをしていきます。

最後の仕上げ

強度を上げるために、持ち手部分を再度縫った様子。どこを縫ったのか、矢印で指し示されている。
出典 : YouTube

持ち手部分の強度を出すために、布端をもう一度ミシンで縫います。

これで、少し重い物を入れても簡単には持ち手が取れません。

目打ちでバッグの角をキレイに整え、アイロンを掛けたら完成です。

本当に簡単に短時間でバッグを作ることが出来ましたね。

フェルトなどで好きな形を作って縫い付けたり、ビーズやリボンを付けたり、オリジナリティあふれるバッグを作ってみてください。

動画の最後では、布選びのポイントを教えてくれているので、是非ご確認くださいね。

この記事を読んで、通園用・レッスン用バッグを作りたいと思ったら是非こちらの動画をご覧ください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2