【貴和製作所】ビーズとガラスパーツで美しくクラシカルなネックレス

「Kiwa Recipe」(登録者数9万3,700人)よりご紹介します。

この動画で紹介されているのは、ガラスパーツをビーズのフレームで包んだネックレスの作り方です。

ガラスパーツには「チェコガラスカボション」が使われています。

平安きりん

チェコガラスの伝統技法により、職人の手仕事で作られたのがチェコガラスカボションです。

思わず目を奪われてしまうような美しさ!

ネックレスはとても素敵なんだけど、不器用だから難しいかな。

動画では作り方が丁寧に解説されています。

ハンドメイドやビーズが好き、サムネに惹かれたという方など、ぜひご覧になってみてくださいね。

同じ動作の繰り返しが多いです

複雑そうに見えますが、同じパーツで同じ編み方を繰り返しを行うのがメインの工程です。
出典 : YouTube

サムネに映るネックレスの美しさ、素敵さに心惹かれてしまいます。

一方で、「複雑で難しそう」と尻込みしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

そのような方も、ご安心ください。

平安きりん

フレーム部分の、ビーズの編み込み方は、主に4パターンだけです。

4パターンの編み方を順番に一周ずつ終わらせていくと、フレームをほぼ完成させることができます。

4パターンの編み込み以外は、チェコカボションをフレームにはめ込むなど、補足的な作業のみです。

気がついたら、黙々と作業に没頭しているかも。

そして動画は、視聴者の方が分かりやすいように工夫して作成されています。

視聴者への配慮が動画の随所に

この動画は視聴者の理解を助けるため様々な工夫がされています。この画像のように、テロップで解説をつけていたり、1本のテグスを赤と黒で色づけしたりなどです。
出典 : YouTube

作業内容が視聴者の方により伝わりやすくなるような配慮がされた動画です。

実演風景ほか、この動画では次のような映し方がされています。

見やすいポイント
  • 全ての動作が、一つ一つゆっくり行われる
  • メイン作業の実演は、角度を変えて繰り返される
  • イラストによる図解あり
  • ズームで、細部も大きく映す
  • テロップでの内容解説

チェコカボション以外のパーツはどれも小さく、作業範囲は指先程の狭さですが、これなら安心ですね。

平安きりん

実演で使用するテグスは、半分ずつ赤と黒に色分けされています。

そんな細かいところまで配慮されているんですね。

メインとなる編み方は4つだけ、加えて上記のように撮り方が工夫されています。

初心者の方でも、安心してチャレンジすることが出来るのではないでしょうか。

作品、パーツ、製作風景まで美しい

クラシカルネックレスの作成に必要な主な材料が紹介されています。どれも美しいものばかりです。必要な材料は全て動画で紹介されています。
出典 : YouTube

仕上がりも美しいですが、パーツの一つ一つまで、綺麗なものばかりが登場する動画です。

特にチェコカボションの美しさには、ついうっとりとしてしまいます。

このような素敵なパーツが紹介されているのも、貴和製作所ならではですね。

動画に出てくるパーツは全て貴和製作所が扱う商品なんですね。

ネックレス作成のためだけでなく、動画を見ればパーツ探しの参考にもなりそうですね。

なお動画のネックレスに必要な材料の一覧は、次のとおりとなります。

材料一覧
  • テグス2号/40cm
  • テグス2号/120cm
  • TOHO丸小ビーズNo.204(ブロンズ)/49個
  • ファイヤーポリッシュ/クリスタルセルシアン3mm/90個
  • チェコ カボション/ダブルフラワークリスタル
  • シルキーパールベージュ4mm/24個
  • カニカン・アジャスターセット/G1セット
  • チェーン/IR280G/55cm
工具一覧
  • 平ヤットコ
  • ニッパー

美しいアクセサリー作りにチャレンジ

以上、ビーズとチェコカボションでクラシカルなネックレスを作る動画の見どころについて、ご紹介しました。

平安きりん

とても分かりやすく作業内容を紹介してくれている動画です。

完成品、パーツ、製作風景など綺麗なものばかり登場するので、見ているだけでも楽しめてしまいます。

この記事を見て、紹介されているネックレスに心惹かれた方は、貴和製作所のこの動画を覗いてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2