【好みの生地や柄で作れる】ダブルリボンの華やかなバレッタ

「okoni5」(登録者数11.2万人)よりご紹介します。

多彩な動画の中から今回ご紹介するのが、ダブルリボンバレッタの作り方です。

こんな人におすすめ
  • 好みのバレッタが売っていない
  • オリジナルのバレッタが欲しい
  • 家に布が余っている
  • リメイクしたい服などがある

最近は百均やドラッグストアでも目にするようになったバレッタですが、好みの柄に出会えないという方も多いのではないでしょうか。

また、「お気に入りだったので使ってないけど捨てるのはもったいない」という布や服などが余っている人も必見の動画です。

まずは布からリボンを作ってみよう

バレッタ金具に合わせてリボンの大きさを調整している様子
出典 : YouTube

動画冒頭では普通の布から帯状のリボンを作る所から始まります。

簡単にできるのか不安な方もいるかと思いますが、布のつなげ方や糸の処理などポイントを丁寧に解説してくださるので安心です。

しかもリボンを作れるようになると、いいことがたくさんありそうです。

リボンから作る利点
  • 好きな柄が選べる
  • 好きな生地でできる
  • 幅や大きさがアレンジできる
  • バレッタ以外にも利用できる

例えば、洋服に合わせた柄のヘアアクセサリーをそろえたい場合や、ほかの小物との統一感を出したい場合などにはぴったりです。

また、捨てられないけど眠ってしまっている思い出の衣服を、バレッタに生まれ変わらせて大切にすることもできます。

もちろんバレッタ以外に、服の装飾やアクセサリーに活用してもいいでしょう。

こんな生地も活用できそう
  • お子様が小さかった頃の思い出の服やタオル
  • 遺品の衣服や着物
  • 半端に余った布
  • もう着ないけど柄がお気に入りの服
  • 使っていないハンカチ

捨てられない思い出のものも、リメイクして活用すればスペースもあけられて一石二鳥です。

かさばるけどなかなか捨てられないという布製品をため込んでいる人は、リメイクを検討してみるのもいいかもしれません。

あっという間に完成

ダブルリボンの形にした布をバレッタ金具に縫い付ける様子
出典 : YouTube

布から帯状のリボンを作ってしまえば後はあっという間に形ができてしまいます。

投稿者の方がダブルリボンを作り出していく手さばきは見事なものです。

細かい作業は布用ボンドを使うなどして簡単にできる工夫もされているので、裁縫が不安な方も動画を見ながらトライしてみてください。

平安きりん

リボンの形をきれいに作るポイントや、縫い留める際に気を付けるところなど、丁寧に解説してくださっていますよ。

バレッタにリボンを縫い留めて固定する作業は手で行いますが、基本的に裏側でつけた時には見えない面になります。

多少失敗しても問題ない作業ですので、どんどんチャレンジしてみましょう。

アレンジの幅が広いのも魅力

完成したバレッタにまるかんを通した小ぶりのチャームを装飾している様子
出典 : YouTube

シンプルにリボンのみのバレッタを楽しむのも素敵ですが、ワンポイントプラスするともっとかわいいものができるかもしれません。

アクセントをつける
  • チャームをつける
  • ボタンをつける
  • 刺繍を入れる

同じパーツを取り付けるのでも、位置やつけ方で印象が変わって楽しめます。

複数の装飾を組み合わせて、豪華なバレッタに仕上げてもいいでしょう。

また、帯状のリボンを作成する際にレースを縫い付けておくなどのアレンジもできそうですよね。

バレッタ以外にも
  • ゴムをつけてヘアゴムにする
  • 安全ピンをつけて服やカバンの飾りにする
  • 針金などをつけてラッピングの装飾にする
  • チョーカーやブレスレットにする

工夫次第でバレッタ以外の用途にも使えそうです。

リボンだけ作ってコレクションしておけば、いろんなことに利用できて便利ですね。

個性的なバレッタを自作しよう

チャームでアレンジした無地のリボンバレッタと、ストライプ柄のリボンバレッタの写真
出典:YouTube

ある程度の布さえ確保できれば簡単に作れるリボンバレッタは、アレンジの幅も広く様々なシーンで活躍できること間違いなしです。

ご家族や友人でおそろいのものを作ったり、好きなキャラやアイドルのイメージカラーを使用して自分だけのグッズを作ったりもできます。

作業に慣れてくれば量産することもできる内容だと思いますので、たくさん作って毎日の気分で付け替えるのも素敵です。

平安きりん

リボンの形も工夫して、アイデア次第でいろいろ作ることもできそうですよね。

「okoni5」の動画を参考に、自分だけのバレッタを作ってみてはいかがでしょうか。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2