【ソーイング】着回し抜群のリネンツイルのVネックサマーベスト

「生地屋さんの洋裁教室」(登録者数 2.1万人)よりご紹介します。

今回は、夏に涼しいリネンツイルを使ったサマーベストの作り方を紹介します。

レイヤードスタイルを楽しめる、ゆったりサイズのベストです。

着回しもできるので、ぜひ動画を見て作ってみてください。

型紙や生地の通販ができる

今回製作するベストは、襟ぐりがVネックですっきりしていて、身頃の前後の丈の長さが違うデザイン。

アームホールがゆったりしているので、ワンピースやTシャツとレイヤードしやすく、リラクシーな装いがおしゃれです。

生地は「スミクロ」というリネンツイル。洋裁教室では、型紙や生地も販売されているのでパターンを起こす必要がありません。

生地探しって意外と大変だし、すぐ揃えられのはうれしい。

作品の着用イメージがわかりやすい

ワンピースの上に作品をきたときの着用イメージです。
出典 : YouTube

動画では最初に、出来上がり作品の着用イメージがあります。

こちらは、袖つきワンピースの上にふわりとレイヤードしたスタイル。

裾をズボンに中にインした着用イメージです
出典 : YouTube

次は裾をインにして、白Tシャツにレイヤードしたバージョンがあります。

着用イメージがあるとコーディネートの参考にもなるので、作ってみたいなという意欲が湧きますね。

フリーサイズのベストなので、着回し力があります。ベーシックな色なので、どんなスタイルにも合わせやすいですよ。

作り方の工程が一覧できる

作り方の工程は8つあります。
出典 : YouTube

また、動画はいきなり作り始めるのではなく、

動画の目次
  • 作り方手順
  • 出来上がり作品・着丈などのサイズ
  • 着用イメージ
  • 必要な材料
  • ソーイングの工程

の順で紹介されます。

洋裁はミシンよりも、裁断やバイアステープ作り、アイロンなどの工程が大変。まずは、材料を準備してからスタートしましょう。

今回の作品で使っているのは「リネンツイル」です。

リネンツイルとは

普通のリネンよりも密度が高く、厚手で透け感のない生地。

アパレルでも使われる上質なリネンで、自然なしわやムラを生かしたナチュラルな風合いが魅力です。

スミクロというニュアンスカラーが、とても素敵ですね。

平安きりん

型紙や同じ生地を使いたい場合は、動画の概要欄からサイトに移動できます。

裁断のポイント

見返しを裁断しているところ
出典 : YouTube

裁断の時にも、重要なポイントが満載です。

裁断の見どころ
  1. 生地幅に無駄がない型紙の置き方
  2. 「わ」を使った型紙の取り方

裁断はソーイングの中でも大きなポイントです。間違えてしまうと生地が足りなくなってしまいます。

バイアステープや見返しをうまく取るためにも、動画をみながら配置する場所をしっかり確認しましょう。

洋裁は広いスペースが必要。床や大きな作業台がある場所でやるといいです。

共布でバイアステープ作り

同じ生地からバイアステープも裁断します
出典 : YouTube

裁断の際に、バイアステープを作る生地もいっしょにカットします。

バイアステープとは

布目に対して45度で裁断すると伸縮性があります。袖周りなど、布端の処理に使います。

市販のバイアステープを使ってもいいのですが、今回のような特殊な色、生地は市販品では対応してないことがほとんど。

その場合は、生地をバイアスに裁断してバイアステープメーカーを使ってバイアステープを作ります。

平安きりん

動画のように、バイアステープが長く作れるように生地幅を残しておくと、接ぎ合わせが少なくてすみます。

また、リネンツイルのようにソフトな生地をバイアステープに仕立てる際のポイントも解説されていました。

バイアステープの見どころ

バイアステープを初めて作る人は、アイロンのかけ方なども見逃せないプロのテクニックが満載です。

アイロンは洋裁作りで一番のポイント。いろいろなところで使うので、すぐに使えるようにしておくと便利です。

あとはミシンをかけるだけ

接着芯を貼ったら、ミシンで縫い合わせていきます
出典 : YouTube

見返しに接着芯を貼ったら、あとは順番にミシンをかけていくだけ。

アームホールがゆったりしていて、おしゃれアイテムとして使えます。自由な重ね着を楽しんで下さい。

袖のないシンプルなベストは、首回りも見返し処理なので、洋裁のスターターにぴったりです。

平安きりん

楽天やCreemaでは、型紙・生地・商品の販売も行っていますよ。

作りたい人も買いたい人も、みんなで楽しむことができるサイトです。

ベストを作ってみたいと思ったら、ぜひ、動画を覗いてみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2