【リメイク版】家庭用ミシンで作るおしゃれ&キュートなデニムバッグ

「手芸部hanaco [handicraft]」(登録者数22.2万人 )よりご紹介します。

今回紹介する動画は、家庭用ミシンで作るデニムバッグを紹介している動画です。

着古したジーパンやジージャンを、バッグに蘇らせる画期的なアイデアでしょう。

動画の見どころ
  • ポケット部分を活用
  • 内布をつける
  • ヒモもデニムで統一

ジーパンというと、ポケットが特徴的なので、この部分を使うと、おしゃれなデニムバッグに仕上がります。

ではさっそく、見ていきましょう。

四角く仕上げる

バッグの形に合わせて、デニムパンツの股上部分からカットしている様子
出典 : YouTube

動画の投稿者さんは、古いジーパンをカットして、ミシン糸をほどいています。

バッグの形になるように、四角く仕上げるのがポイントです。

ポイントとなるジーパンのポケットを活用するので、股上部分を使います。

ジーパンの足の部分をカットし、デニム短パンの状態にしてから、仕上げていくとよいでしょう。

股上の部分のミシン目をリッパーなどでカットします。

リッパーとは

ボタンホールの切り込み・ミシン目をほどくときに使うアイテムです。

リッパーは、100円ショップなどでも売られているので、コストをかけずに用意できます。

リッパーの使い方などは動画で紹介しているので、チェックしてみてください。

ミシンでザクザク縫う

待ち針で留めて、マーキングせずにザクザクミシン掛けをしている様子
出典 : YouTube

動画の投稿者さんは、ミシンを使って縫っています。

デニム生地は厚いものが多く、できるだけ厚い生地対応のミシンがおすすめです。

最近では、レザークラフトミシンなど皮革を縫えるタイプのミシンもありますよ。

レザークラフトミシンは、布よりも滑りやすく分厚いレザーを本格的に取り扱えます。

デニムが縫えるミシンは、色んなメーカーから販売されているので、機能性で選んでみましょう。

平安きりん

動画の投稿者さんは、マーキングをせずに、待ち針を留めてミシン掛けしています。

待ち針で留めておくと、固定されて、ずれずにミシン掛けが可能です。

デニム生地のミシン掛けについては、動画で紹介しているので、チェックしてみてください。

内布つきでかわいい

デニム生地に合う、ストライプ柄の内布をつけている様子
出典 : YouTube

動画の投稿者さんは、デニムリメイクバッグの内布をつけています。

内布をつける利点
  • 縫い代や縫い目が見えない
  • スッキリした仕上がりになる
  • 内側ポケットがキレイに仕上がる

見た目だけでなく、機能性においても内布があった方がよいです。

動画の投稿者さんは、青のストライプ柄を内布にしています。

平安きりん

デニム地の色と同じ紺か青色のストライプ柄がおすすめです。

表布のデニム生地とストライプの内布を仮止めするときは、カラークリップを使います。

クリップは、厚いデニム生地でもしっかりと留めることができ、100円ショップでも購入可能ですよ。

100円ショップのクリップは、カラフルでおしゃれなデザインもあります。

内布のつけ方は、動画で紹介しているので、チェックしてみましょう。

ハトメをつける

バッグのヒモを通すため、ハトメをつけている様子
出典 : YouTube

動画の投稿者さんは、ヒモを通すハトメをつけています。

ハトメとは、どんなものなのでしょうか。

ハトメとは

ヒモなどを通す穴の補強・アクセントに使うアイテムです。

バッグや小物に使うと、精度が高く丈夫に仕上がります。

ハトメをするときは、穴あけ具・打ち具・打ち台が必要なので、用意しておくと便利です。

デニム生地を打って穴を開けるときは、下に硬い物を敷いておくと、生地や机などをキズつけません。

ハトメは、ヒモを通すときに便利なアイテムなので、手作りバッグを作る機会が多い方は、ストックしておきましょう。

ハトメのつけ方を紹介しているので、動画を参考にしてみてください。

ヒモもデニム生地で統一

バッグ本体と同じように、ヒモもデニム生地を使っている画像
出典 : YouTube

動画の投稿者さんは、デニムバッグのヒモ部分を作っています。

同じデニム生地を使うことで、統一感が出ておしゃれです。

平安きりん

余ったデニム生地を活用します。

カットして残ったデニム生地は、はぎれ布として使えるので、ミシン目をほどいてストックしておきましょう。

デニムでリメイクバッグを作ろう

今回は、着古したデニム生地を活用したリメイクバッグを紹介しました。

思い入れのあるデニムは、捨てるのも売るのも少し躊躇してしまうかもしれません。

平安きりん

色あせている分、思い入れも強く、手元に置いておきたいと思う方もいます。

デニムは流行に左右されないので、長く使うためにリメイクしてみるのもよいでしょう。

デニムのリメイクバッグの作り方は、動画で紹介しているので、チェックしてみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2