【デニムをリメイクしてみよう】家庭用ミシンで作れるまん丸バッグ

「手芸部hanaco [handicraft]」(登録者数22.2万人)よりご紹介します。

大事に履いていたデニムパンツ、押し入れに眠っていませんか?

サイズが変わったりして着られなくなったデニムも、リメイクしてずっと使い続けることが出来たら素敵ですよね。

初心者でも作れるように工夫されていますよ。さっそく動画を見てみましょう。

デザインの特徴

出来上がったバッグに長財布を入れている写真です。内側の生地は黄色地に白の葉っぱ柄で、色合いがデニムによく合っています。
出典 : YouTube

長財布やスマホなどがすっぽり入る大きさです。

マチがついているので普段持ち歩くアイテムがきちんとおさまり、ゆとりのあるサイズ感に仕上がります。

内側の柄もデニムに合っていて素敵です。お好みの布地を合わせてみてくださいね。

端にはDカンがついているので、ショルダーバッグにすることも出来るんですよ。次からは、作り方を見ていきましょう。

布地をカットする

カットされた生地が並んでいます。まるい生地が4つ並んでいます。その上にバイアスの細長い生地が2本、下にはマチに使う細長い生地が2本、並べられています。
出典 : YouTube

まるい布がいくつも並んでいるだけで、ワクワクしてきました。

平安きりん

ダメージがアクセントになって、あなただけの特別なアイテムができあがりますね。

どの部分を使うかじっくり考えるのも、楽しいひとときになりそうですよ。

カットするときのポイント
  • マチの布は、布目に合わせて取る
  • バイアスは斜めに取る
  • 合印をつけておく(小さな切込みを入れる)

カットするとき、マチの布とバイアスの布をしっかり確保することが大切です。動画で布の取り方をチェックしてみてください。

バイアスはDカンを通す部分に使います。次からは、マチに使う布を表布に縫いつけていく作業です。

表布・内布をそれぞれ作る

丸い生地の横にマチとなる布をまち針で止めている写真です。まち針を8本細かく打っていて、ずれないように工夫していることが分かります。
出典 : YouTube

まるい布にマチとなる布を縫い合わせます。

ここで、「デニムを家庭用ミシンで縫うのは初めて」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために、ミシン針と糸の番手・号数を教えてくれているので、参考にしてみてください。

作業のポイント
  • 切込みを入れた合印同士を合わせる
  • 細かくまち針でとめる
  • 縫い代の幅は、少な目に取る
  • 縫いはじめと縫い終わりは少し残しておく

縫い代の幅は何センチにすればよいのか、説明文で教えてくれているので、ゆっくりと確認してみてください。

表布、内布をそれぞれ仕上げていきます。ここからずっと、まるく縫う作業が続くところが動画の見どころです。

動画を見ているうちに、なんだか、心もまるくなってきました。

表布・内布を合わせて縫う

持ち手の上の部分を手で押さえている写真です。周りを縫った後にぐし縫いして縮めることで、きれいな曲線が出るように工夫しています。
出典 : YouTube

ここからは、表布・内布を中表に合わせて縫います。

作業のポイント
  • 周りをぐし縫いして調整する
  • 表に返す
  • 底の部分を縫いとめる

曲線をきれいに出すために、周りをぐし縫いするのだそうです。

次に、マチの底の部分を縫い止めておくと使いやすいのだとコメントがあります。

縫いとめる部分も、もちろん教えてくれますよ。

平安きりん

仕上がりがきれいになるよう、使いやすいように、様々な工夫をされているのですね。

袋の周り・持ち手の内側を縫う

持ち手の内側に丸く整えたバイアステープを止めている写真です。たくさんのクリップを使い、ずれないように慎重に作業しています。
出典 : YouTube

表に返したら、Dカンをはさみこみ、袋の周りを縫います。持ち手の内側を縫う作業が、作品の山場といえるでしょう。

動画の作家さんがたくさんのクリップを使っているのが分かりますね。

細かい作業ですが、動画を見ながら丁寧に進めればクリアできそうですよ。

作業のポイント
  • バイアステープを作り、まるい輪っかの形に整える
  • 輪っかを持ち手の内側にしつけ縫いする
  • 輪っかを縫い付ける

ずれて失敗しないように、ゆっくりと縫っていきましょう。

ここで、 動画の作家さんが2度しつけ縫いする場面があります。

プロの方も、重要なところは、とても丁寧に作業しているのですね。持ち手を縫えば完成です。

素敵なリメイク小物が満載のチャンネルです

手芸部hanaco [handicraft]の作家さんは、「もったいない」を基本に創作活動をされているそうです。

チャンネルでは、小さな布端も使い切れるような素敵なアイデアが詰まっています。

平安きりん

作品を通して、「ものを大事に長く使い続けていきたい」と改めて考えなおすことが出来ました。

手芸部hanaco [handicraft] のチャンネルでは、ほかにもデニムのリメイクバッグの作り方が多数紹介されています。

どのバッグもとてもかわいいデザインなので、デニムが好きな方はぜひ違う作品の動画も覗いてみてください。

押し入れに眠っているはぎれや、着なくなった洋服を使って、かわいい小物をたくさん作ってみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2