【育児と作家の両立】ハンドメイドをしているママさんへのメッセージ

「hitomiのハンドメイド部屋。」(登録者数371人)よりご紹介します。

hitomiのハンドメイド部屋。は2021年7月から「長嶺仁美」さんが配信しているYouTubeチャンネル。

今回は「【作業風景】はじめまして!ビーズ刺繍をしながら自己紹介♪」の動画を紹介します。

この動画を見ると、刺繍パーツの制作を得意とする長嶺さんの人柄がわかりますので、ぜひご覧ください。

沖縄でアクセサリー作家として活動

アクセサリー作家の長嶺さんが、透明なお皿に乗っている作りかけのビーズ刺繍を手に取っている様子です。
出典 : YouTube

沖縄でアクセサリー作家として活動している長嶺さん。

以前からYouTube 動画を撮ってみたいと思っていたそうで、2021年7月からYouTube動画配信を開始されました。

長嶺さんは、主に刺繍アクセサリーを制作しているアクセサリー作家です。

平安きりん

今回、長嶺さんは刺繍パーツを制作しながら自己紹介をされています。

ビーズ刺繍の完成に向けて、巧みな手さばきで刺繍を進めていく長嶺さんの姿には圧巻です。

また、計算しつくされたビーズの配列や配色、クオリティーの高い完成品の紹介など、見ごたえたっぷりの動画となっています。

自由を楽しむアクセサリー

アクセサリー作家の長嶺さんが、ビーズ刺繍をしている手の様子が映っています。
そして長嶺さんはビーズ刺繍をしながら、「ブランド名は、pupil chou made(プピルシューメイド)」とおっしゃっています。
出典 : YouTube

ブランド名は、「pupil chou made(プピルシューメイド)」

「耳元から自由に」というコンセプトのもと、長嶺さんはアクセサリーを作られています。

平安きりん

いくつになっても、子どもの頃の心が弾む気持ちを大切にされている女性は、多いのではないでしょうか。

そんな女性の気持ちをくすぐるようなアクセサリーを作るために普段意識していることを、長嶺さんは動画内で語ってくれています。

きっと女性なら、誰でも共感してもらえるようなお話をされていますので、動画でチェックしてみましょう。

長嶺さんの現在までの歩み

アクセサリー作家の長嶺さんが、ビーズ刺繍をしている手の様子が映っています。
そして長嶺さんはビーズ刺繍をしながら、「もともとはエステティシャンとして働いていたんですが、2人目の出産を機に退職」とおっしゃっています。
出典 : YouTube

長嶺さんは、元々エステティシャンとして働いていましたが、2人目の出産を機に退職をします。

2人目を出産後、お子さんとの触れあいの時間も大切にしたいという気持ちから、自宅で働けるアクセサリー作家になりました。

自宅で働ける仕事は他にもたくさんある中、なぜ長嶺さんはアクセサリー作家を選んだのか、その理由も語ってくれます。

平安きりん

この長嶺さんの心情は、物作りが好きなママさんなら、きっと共感してもらえると思いますよ。

長嶺さんが、アクセサリー作家を選んだその理由が何なのか、ぜひ動画をチェックして下さい。

伝えていきたいメッセージ

アクセサリー作家の長嶺さんが、ビーズ刺繍をしている手の様子が映っています。
そして長嶺さんはビーズ刺繍をしながら、「大変なこともあるけど、ハンドメイドはすごく好きなので、ハンドメイドの魅力と私がやって良かったことなどお伝えできたらなあと思います。」とおっしゃっています。
出典 : YouTube

アクセサリー作家になった長嶺さんは、何度も壁にぶつかります。

作家としてぶつかった壁や苦しみ、そして動画を見てくれる人に伝えたいメッセージについて、語ってくれます。

伝えたいメッセージ
  • ハンドメイドアクセサリーの魅力について
  • 制作や販売においてプラスになったこと
平安きりん

実体験を元に、作家活動に役立つ大切な事を、メッセージとして発信してくれるのです。

ママとハンドメイド作家の両立

アクセサリー作家の長嶺さんが、ビーズ刺繍をしながら、3児の母である自分の身の上を語っています。
出典 : YouTube

ママとして、作家として、毎日バタバタとした生活を送っている長嶺さんですが、それでも日々を懸命に乗り越えていきます。

毎日元気なママでいられるための、とっても素敵なエピソードを、長嶺さんは、自己紹介と共に語ってくれます。

きっとママさんなら、誰でも共感できるエピソードを、動画でチェックしてみましょう。

平安きりん

ほかにも長嶺さんは、子育てをしながらハンドメイドをされている方に向けて、動画を発信していきます。

ママさんへのメッセージ
  • 動画を見て、少しでも気分転換をしてほしい
  • 頑張るきっかけになるような動画をつくりたい

長嶺さんも自宅で仕事をしているときに、孤独を感じることがあるそうです。

そのようなときは、他の作家さんの動画を見て励まされているとのことでした。

平安きりん

この経験から、ハンドメイド作家さんと動画を通じて、一緒に作業をしているような、孤独を癒す動画の制作を目指されています。

作品や動画に関するリクエストなども、コメントで受け付けています。

私も同じママとしてリクエストしてみようかな。

今後の長嶺仁美さんの活躍に期待

今回は、「【作業風景】はじめまして!ビーズ刺繍をしながら自己紹介♪」の動画を紹介しました。

ビーズやパールを使ったビーズ刺繍のアクセサリー制作を得意とする長嶺さん。

平安きりん

アクセサリー作りだけではなく、動画制作に対してもていねいな取り組みが伝わってきますね。

動画の最後には、見事な刺繍ビーズの作品も披露してくれます。

是非、チャンネル登録をして、チェックして下さい。

【魅惑のつぶつぶ】高級感と華やかさを備えた粒感アクセサリー
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2