【初心者も作れる】サスペンダーつき・タックが入ったガウチョパンツ

「生地屋さんの洋裁教室」(登録者数2.1万人)よりご紹介します。

着心地がよく、こなれた感じに見えるガウチョパンツ。

季節を問わず着られてどんなトップスとも合わせやすいので、気に入ったものは手放せなくなってしまいますよね。

今回は、タック入り・サスペンダー付き・ウエストひも付きと、少しグレードアップした作品です。初心者でも作れますよ。

デザインのポイント

パンツのウエスト部分の写真です。左はベージュの生地、右はきれいな紺色の生地です。ウエストの内側にボタンが付いており、サスペンダーを取り外せます。
出典 : YouTube

今回は、いつものパンツでは物足りない方におすすめの作品です。

型紙は、動画の概要欄にある通販サイトから購入することが出来ますよ。

デザインのポイント
  • ウエストにタックが入っているので、体形カバーになる
  • 取り外し可能なサスペンダー付きで印象を変えられる
  • ウエストのひもは共布で作っても素敵

こちらの動画で「サスペンダー」「ボタンホール」「ウエスト紐」を覚えたら、洋裁の幅が広がりそうですね。

初心者でも1日で作れるとのことです。早速見ていきましょう。

ボタンホールを作る

ミシンによって、ボタンホールの縫い方は全く違うそうです。

動画の作家さんは、ボタンホールを縫っている動画を他のいろいろなチャンネルから集め、まとめ動画にしてくれています。

動画は概要欄から見られるので、手持ちのミシンの使い方をチェックしてみてください。

初心者が困らないように考えてくれていて、とても親切ですね。

ボタンホールの印のつけ方

布地にチャコペンで印をつけている写真です。ボタンホールの点を書いています。
出典 : YouTube

型紙の上から印をつけるとき、どうすればよいか迷いますよね。

こちらの場面では、ボタンホールをチャコペンで書くコツを教えてくれています。

ボタンホールの印のつけ方
  • 目打ちを通す
  • 目打ちの点をチャコペンでなぞる
  • なぞった点をチャコペンでつなぐ

何枚か重なった布に一度で印をつけています。他の作品にも使える方法ですので、ぜひ動画をご覧になってみてください。

ボタンホールの穴の開け方

ウエストベルトの生地を手に持ってボタンホールを開けている写真です。リッパーを右手に持って穴を開けています。
出典 : YouTube

ボタンホールが破れてしまっては台無しですよね。

この場面では、ボタンの穴を開けるときのポイントを教えてくれます。

全部をリッパーで処理しようとすると破れてしまうので、リッパーとハサミを使い分けるとよいそうです。

動画を見ながら進めてくださいね。

タックの作り方

ウエストのタックを仮縫いしたあとの写真です。2タックで着心地がよさそうです。
出典 : YouTube

タックはデザインのポイントなので、きれいに仕上げたいものです。

縫っている途中でタックがずれてきてしまうと大変ですよね。

この場面では、タックをしっかりと仮止めする方法を教えてくれていますよ。

タックは前から見たときに左右対称にする必要があるのですが、間違えがちなタックの倒し方も、動画を見ながら進めれば安心です。

ウエストベルトの作り方

ウエストベルトを本体に合わせているところです。ゴム通しをウエストの後ろに合わせ、手で持っています。
出典 : YouTube

次は、ウエストベルトを本体につけていきます。

作業のポイント
  • ゴム通し口を開けてウエストベルトを輪っかに縫う
  • 周りをアイロンで折る
  • 本体とウエストベルトを縫いつける
  • 表から縫う

本体とウエストベルトを縫うとき、真後ろにゴム通し口を持ってくることがポイントなのだそうです。

平安きりん

先ほどタックを仮縫いしているので、ここはとても縫いやすいですよ。

ウエストベルトにゴムと紐を通す

完成したウエスト部分の写真です。ウエストの上下にゴム、中央に紐と表記があります。
出典 : YouTube

この作品は、ウエストベルトの上下にゴムを、真ん中に紐を通すデザインになっています。

ウエストベルトの間をミシンで2周縫う必要があるのですが、チャコペンで印をつけるコツを教えてくれているので安心です。

動画の作家さんは、チャコペンで線を引かずに縫っています。さすがですね。

ここで、ゴムを通す時、ゴムの端が生地の中に入ってしまう「あるある」シーンもあります。

そんな失敗を防ぐ解決法も教えてくれますよ。

動画を見るだけで洋裁が上達していきます

生地屋さんの洋裁教室の動画では、作り方を説明する合間に、洋裁において重視するポイントを教えてくれます。

大事なポイント
  • 縫うより、アイロンをしっかりかけることが大事
  • 縫うより、裁断をきちんとすることが大事

大事なポイントに絞って作業することで、「まち針をたくさん使う」「丁寧に線を引く」といった無駄な作業を省けるのだそうです。

動画を見ているだけで、作業の効率がどんどん上がりますよ。

生地屋さんの洋裁教室のようなきれいな手さばきを手に入れたい方は、ぜひ動画をご覧になってみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2