【裏ワザ】お掃除ロボットに効率よく動いてもらう方法【簡単】

「KEINAchannel けいなちゃんねる」(登録者数 8,760人)よりご紹介します。

今回ご紹介する動画は、「お掃除ロボットが効率よく掃除してくれる方法」を解説したものです。

自分が留守のときにも、床を掃除してくれる便利なお掃除ロボット。販売当初よりは、比較的安く購入できるようにもなりました。

平安きりん

そんなお掃除ロボットがより効率よく動いてくれる方法を紹介していますので、動画でチェックしていきましょう。

動画はたったの30秒

お掃除ロボットの効率をアップさせる方法を解説し始めるシーン。
出典 : YouTube

この動画の嬉しいポイントは、とにかく短いことです。オープニングやエンディングをあわせても、たった30秒しかありません。

一瞬で見終わりますが、内容はばっちり理解できますし、すぐに真似する事も出来ます。難しいテクニックや練習も必要ありません。

動画時間はたったの30秒ですので、ぜひチェックしてほしいと思います。必見です。

平安きりん

最近SNSで流行っているショート動画ですね。あっという間ですので、見て損はありません。

家事や片付けを解説した動画の中には、10分以上の意外と長い動画も結構たくさん存在します。

その動画が決して悪い訳ではありませんが、家事で忙しい人にとっては、短くて、役立つ動画を数多く見られる方が良いはず。

要点だけに絞ったノウハウ系の動画は重宝されます。この動画は、忙しくても手軽に見られておすすめです。早速ご覧下さい。

必要なものは、身近なアレだけ

この裏ワザで準備すべきものは、牛乳パックだけです。
出典 : YouTube

お掃除ロボットは、床に物があればあるだけ、効率が悪くなってしまいます。あちこちにぶつかってなかなか進めません。

なので、床に置いているものをきれいに片づけて、出来る限り掃除しやすい環境にする事はもちろん大切です。

ですが、どうしてもつっかかってしまいがちなのが、椅子の脚です。でも、いちいち動かすのも面倒なのも事実です。

平安きりん

家族で住んでいる方だと、3つも4つも椅子があり、脚の数は合計10本以上。けっこうな妨げになります。

テーブルの下は、ぜひ掃除してほしいスペースですが、脚が邪魔でなかなか奥まで掃除できないこともあります。

そんな時の対策が、今回紹介している方法です。使うものはたった1つ、画像にヒントがありますが、〇〇〇〇〇だけです。

いつもは捨ててしまう〇〇〇〇〇を使って、何を作るのか?どう使うのか?詳細は動画をみて、チェックしてください。

この動画のおすすめポイント

必要なのは、どの家庭でも身近なアレだけ。わざわざ材料を買いに行く必要がないのも、この動画のおすすめポイントです。

どんなタイプの椅子であっても見てほしい

この裏ワザが使える椅子は、肘かけ付きの椅子のみです。ご注意ください。
出典 : YouTube

残念ながら、このお掃除ロボットの効率をあげる方法は、全ての椅子に使える方法ではありません。「〇〇〇の椅子」限定です。

決して万能な方法ではありませんが、一度作ってしまえば、基本的にずっと使い続けることができます。

自宅の椅子に〇〇〇が付いているか、ぜひ今すぐ確認してみてください。

該当する椅子が家になくてもぜひご覧ください

この動画は、小気味いいショート動画としても楽しめます。早回しで動くお掃除ロボットがペットみたいで可愛らしいですよ。

つまり、少しでも興味をもち、この記事にたどり着いてくれたあなたには、椅子があってもなくても、是非見て頂きたい動画です。

お掃除ロボットの裏ワザ動画

〇〇〇〇〇の切り方次第で、さまざまな大きさの椅子に対応することができます。ここは工夫次第です。

作るもの自体はとっても簡単で、お子さんでも、すぐにできると思います。試してみる価値はあると思いますよ。

平安きりん

材料は〇〇〇〇〇だけなので、もちろん無料です。やらない手はないですよね。

最初は「こんなもので?」と思われるかもしれませんが、障害物が減ることで、お掃除ロボットの動きは段違いです。

騙されたと思って、30秒だけ動画をみて、是非一度試してみてください。

きっとお掃除ロボットが、イキイキと動き回って、床をきれいにしてくれるはずです。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2