【失敗談あり】夏~秋の時期の上手な衣替え(4つのテクニック)

「ラクする暮らし」(登録者数3.44万人)よりご紹介します。

今回ご紹介するのは、夏から秋にかけての上手な衣替えを紹介している動画です。衣替えは、枚数があると結構大変ですよね。

とくに夏から秋にかけては、気温が下がり、半袖から長袖になるなど、クロゼットがかさばりやすくなります。

衣替えのタイミング
  • 20度以下の気温が増える
  • 天気の良い日

肌寒く感じる日が増えてきたら、衣替えの時期です。ではさっそく、見ていきましょう。

洋服を出す・チェック

洋服をクロゼットから取り出している様子
出典 : YouTube

3つの工程で「いるもの・いらないもの」を分け、捨て活をします。

中でも、洋服の状態チェックは重要です。夏から秋にかけて洋服を保管しているときに、虫食いがあるかもしれません。

お気に入りのズボンが、虫に食われて穴だらけでは、手放すことになります。

愛着のある洋服にダメージを作らないためにも、防虫剤など普段から対策を取っておくことが大事です。

いらない洋服をスッキリさせましょう。

入れ替えをするため、夏の間お世話になった夏服を広い場所に出してください

ポイント

全部の夏服が細かく確認できるように、広めの床スペースを確保しましょう。

動画の投稿者さんも、広い床スペースに、クロゼットから出した夏服を広げていますね。

ハンガーなどで床がキズつかないようにシートなどを敷いてください。

ここからが、重要ポイントです。

平安きりん

洋服の状態をチェックしましょう。

着ているときは気がつかなくても、しっかりチェックするとほころびを見つけることもありますね。

チェックの重要ポイントは、動画で紹介しているので、確認してみましょう。

断捨離をする

ここで、傷みがひどければ、さようならの合図です。「いらない物」として処分します。

いらない洋服の処分方法
  • 家庭ごみとして出す
  • リサイクルショップで売る
  • 恵まれない国への支援に回す

汚れがひどければごみとして、ブランド品などはリサイクルショップで、あとは難民への支援にもおすすめですね。

秋服も同様に、収納ケースから出してチェックしてください。

洋服のコーディネート

洋服のコーディネイトの仕方を紹介している画像
出典 : YouTube

クローゼットから出した洋服で、コーディネートを楽みましょう。

コーディネートの意味

衣装・アクセサリー・小物・靴・ベルトなどのアイテムをバランスよく整えることの意味です。

毎日の洋服選びも「コーディネートしている」ことになります。

しかし、枚数が多いと着る・脱ぐの繰り返しは大変です。そのため、できるだけ簡素にします。

平安きりん

基本は実際に着て鏡チェックですが、動画の投稿者さんは床置きチェックです。

床置きでも、大体のイメージがつかめます。できるだけ時間をかけずにコーディネートができるでしょう。

鏡の前でファッションショーをする必要がなく、床置きでも素敵なコーディネートが組めるんですよ。

コーディネートをする理由やおすすめの方法について解説しているので、動画をチェックしましょう。

夏服・秋服の洗濯

洋服の洗濯の仕方を紹介している画像
出典 : YouTube

1シーズン着た洋服は、洗濯機で洗って干してから収納します。しかし、洗濯する上で注意しなければいけないこともあるでしょう。

過去の失敗談

動画の投稿者さんは、洗濯機に詰め込み過ぎて、うまく回転しなくなり、キレイに洗濯できなかったようです。

大量の洗濯物を洗うときは、小分けするなどして洗濯機にできるだけ負担をかけないようにしましょう。

収納の仕方

収納の仕方を紹介している画像
出典 : YouTube

洗濯したものは、しっかり乾燥してから収納するのが基本でしょう。

乾かさないとどうなるか?
  • カビが生える
  • 悪臭がする

湿気があると、どうしても雑菌が増えて、悪臭の原因につながります。また、カビも生えやすくなるでしょう。

平安きりん

おすすめの収納方法を、動画で紹介しているので、確認してくださいね。

衣替えをするときに、しっかりと対策をとっておくと、次に着る機会に気持ちよく着れますよ。

ルールを守って衣替えを楽しもう

今回は、夏服から秋服にかけての衣替えで注意する4つのポイントを紹介しました。整理整頓すると気持ちもリフレッシュします。

平安きりん

しかし、湿気など、注意しないとお気に入りの服がダメージを受けてしまうかもしれません。

動画で4つのポイントをチェックしながら、衣替えを楽しみましょう。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2