【型紙不要でできる】赤ちゃん(新生児用)の肌着の作り方を学ぼう

「* Baby&Kids * Handmade」(登録者数31万人)よりご紹介します。

今回ご紹介する動画は、新生児用の短肌着の作り方を解説しています。

赤ちゃん用の短肌着は何枚あっても嬉しい。

と感じているパパママの方は多いかもしれませんね。この短肌着は、なんとハンドメイドでも作れますよ。

ハンドメイドで作る短肌着の特徴

中には、「肌着作りはハードルが高そう」と思っている方もいるでしょう。

平安きりん

今回の動画で紹介している方法は、布に直接線を書いてカットして作る方法なのでシンプルです。

また、着心地が良い肌着にするためには、「折り伏せ縫い」が大きなポイントとなっています。

型紙なしで作れて、初めての方でも慣れると失敗なく作れそうです。

それでは以下より、早速作り方をみていきましょう。

生地の準備とカット方法

こちらの曲線部分をカットしていきます。
出典 : YouTube

まず始めに動画では、布のサイズと必要材料を紹介しているので、生地と材料を準備していきましょう。

準備する布が多いと感じる方がいるかもしれませんが、肌着の前部分・背中側・袖・紐を揃えてくださいね。

水通しをした布を準備できたら、次は肌着の完成サイズにカットしていきます。

動画の見どころ

肌着の前部分・背中側・袖・紐の正確な長さやカット方法を解説

型紙なしでできるので、型紙を作る手間が省けるのが嬉しいポイントです。

布の長さを測って生地に直接線を書き、カットするという工程を繰り返していきます。

平安きりん

生地をカットするときに、生地がずれないようにまち針で固定するのを忘れずにしましょう。

生地のベースが完成できたら、肌着の紐も確認しましょう。

紐が手元にない方も大丈夫です。

動画の見どころ

紐がなくても、アイロンとミシンを使って、ガーゼで紐を作る方法を詳しく紹介

動画を参考にしながら、紐を準備してくださいね。

生地5枚を縫い合わせる

前、袖、後ろの布の裏を合わせていきました。
出典 : YouTube

生地のベースと紐が完成したら、布5枚分(前・背中・袖)を合わせて縫っていきます。

5枚を合わせて縫う方法については、以下の内容をもとに動画で解説しています。

布を縫い合わせるコツを解説
  • 5枚分の配置方法と適切な向き(表面・裏面)
  • それぞれの布の裏を合わせる方法
  • 合わせた部分の縫い方のコツ

動画を参考にしながら、布5枚分を縫い合わせてくださいね。

折り伏せ縫いをマスターしよう

長い方の布を0.5㎝ぐらい内側に折りこんでください。
出典 : YouTube

肌着の内側は赤ちゃんの肌に当たるので、縫い目がこないように仕上げたいですよね。

そこで、5枚分の布を縫い合わせた後、表側を折り伏せ縫いをすると、内側の縫い目が隠れます。

縫い目が隠れると、肌に当たる部分が痛くなくなりますよ。

折り伏せ縫いってどうやってやるの?

という方もいるかもしれませんね。

動画では、実際に折り伏せ縫いを行いながら、以下の手順とポイントを詳しく解説しています。

折り伏せ縫いの手順
  1. 内側の縫い代(片方だけ)を0.5㎝ほどカット
  2. 長い方の布を内側に折り込んでアイロンをかける
  3. 短い方の布で包んで反対側に倒す→まち針で固定
  4. ミシンで縫う

動画を参考にして、折り伏せ縫いに挑戦してみてくださいね。

1箇所だけではなく、多くの場所を折り伏せ縫いしていくので、コツをつかむと早く縫えるようになりますよ。

注意点は、脇の下を縫うときは、紐も一緒に縫うのを忘れずに行うことです。

肌着を丈夫に仕上げるコツ

何度も洗濯する短肌着なので、丈夫に仕上げたいですよね。

袖や裾などの端の部分を折ってアイロンをかけてミシンで縫うと、さらに丈夫な仕上がりになりますよ。

最後に、首回りにバイアステープを付けて完成です。

動画の見どころ

バイアステープの付けるときのコツを詳しく解説

短肌着作りにトライしてみよう

以上が動画の紹介になります。

今回の肌着作りのポイントである以下の工程は、ハンドメイド初心者には少し手間がかかる作業かもしれません。

工程のポイント
  • 多くの布を測ってカットする
  • 生地の外側を折り伏せ縫いする
  • 肌着の端の部分を仕上げる

しかし、動画を参考にしながら作り方をマスターすると、丈夫で着心地の良い短肌着を誰でも作れると感じました。

「赤ちゃん用の短肌着を作ってみたい方」などは、今回の動画をぜひチェックして作ってみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2