【トートバッグの作り方】リメイクでサスティナブルな作品作り

「ぬいものじかん~fellkate」(登録者数9750人)よりご紹介します。

この動画では、「ぬいものじかん~fellkate」のkozさんが、以前作ったカーテンをトートバッグにリメイクしています。

時を経て役目を終えた大切な自分の作品を、リメイクしてまだまだ使いたいと思っている方にオススメの動画です。

もちろん、トートバッグの作り方も丁寧に解説してくれているので、裁縫初心者さんにも見てほしい動画です。

自分の作品をリメイク

以前作ったカーテンをトートバッグにリメイクします。
出典 : YouTube

こまかい刺繍が美しいですね。

刺繍部分も含めて、「ぬいものじかん~fellkate」のkozさんの作品です。

こんな刺繍を施したカーテンだと、リメイクして使いたい気持ちが良くわかります。

平安きりん

SDGsが設定されてから、良く耳にするサスティナブル。ずっと持続可能な、という意味ですが、リメイクはまさにサスティナブルですね。

トートバッグを作る

まずは、リメイクするカーテンをトートバッグ用にカットしていきます。

リメイクのためとはいえ、出来上がったものにはさみを入れる作業は、けっこう勇気が必要です。

新しいものに出会うためには、手放しも必須ですね。

ポイント

リメイクする作品の、どこを残して、どう生かしたいかをじっくり考えてから作業に入りましょう。

カットした刺繍部分を縫い合わせる

カーテンのリメイク部分を、トートバッグの一部として使用します。
出典 : YouTube

リメイク用にカットした刺繍部分を、ミシンで縫い合わせていきます。

きれいに仕上げるために、まち針は、ちょっと多いかなというくらいしっかり打ちましょう。

ポイント

縫い終わったら、裏面にアイロンをあてて、縫い目を広げます。見えないところを丁寧に始末することが、ハンドメイド作品のクオリティをあげてくれます。

布を断つ

プラスする布と色合わせしていきます。
出典 : YouTube

リメイクの布に合わせて、プラスする布を選びます。

布を選んだら、型紙に合わせて断っていきます。

平安きりん

型紙はA4のコピー用紙を使用しています。とてもシンプルな作り方です。

ミシンで縫う

トートバッグの形にしていきます。
出典 : YouTube

布を断ったら、リメイクの布と、プラスの布をまち針で合わせミシンで縫っていきます。

2枚を縫い合わせたら、周囲を縫って袋状にしていきましょう。

縫い終わったら、あまった布の始末をしますが、ここも丁寧に作業すると良いですね。

平安きりん

ロックミシンがなくても、端の処理はできます。動画で紹介してくれているので、チェックしてくださいね。

仕上げ

トートバッグの本体部分が完成しました。
出典 : YouTube

最後に、袋状になった布を表に返して、仕上げをしていきます。

タグをつける

作品のポイントになるように、タグをつけます。

タグをつけると、ハンドメイド作品がよりオシャレになりますね。

平安きりん

スタンプと綿テープを使って、オリジナルタグを作るのもオススメです。100均ショップに売っているもので簡単にできます。

持ち手をつける

出来上がったトートバッグの本体に、持ち手をつけます。

持ち手をつける場所を選んで仮どめし、ミシンで縫っていきます。

ポイント

持ち手の内側は、バッグの内側に入れ込んで、一緒にミシンで縫いこんでいきます。

細部まで丁寧な仕事で美しく、とてもおしゃれなトートバッグの完成です。

丁寧な暮らしもみどころ

動画では、トートバッグの作り方の他に「ぬいものじかん~fellkate」のkozさんの丁寧な暮らしを見ることができます。

平安きりん

HPでも、作品をはじめ、暮らしのことなどもアップされているので、チェックしてみて下さいね。

HP:フェルトと毛糸(・・・のある暮らし

リメイクでサスティナブルな作品作りは、これからの時代の先駆けになること間違いなしです。

気になった方は、是非、「制作/手を動かす/集中した二日間のvlog/暮らし/トートバッグ」をご覧下さい。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2