【シミ隠しの裏ワザ】シミは刺繍でかわいく隠すことができる

「動物刺しゅう Chicchi」(登録者数5.22万人)よりご紹介します。

動物刺しゅう Chicchiは双子姉妹の作家さんの人気チャンネルで、刺繍キットや刺繍のさまざまな書籍も出版されています。

平安きりん

動画では「シミ部分を刺繍で隠しちゃおう」をテーマにシミ隠しのアイデアを紹介しています。

基本的な刺繍の仕方を紹介しているので、シミがなくても参考になる内容になっています。ぜひ、ご覧になってくださいね。

シミ隠し=刺繍という発想

Tシャツについているシミ部分を指さしている
出典 : YouTube

食事中にソースなどが飛んで、お気に入りの服にシミが付いてしまったという経験、一度はありますよね?

いろんな洗剤でシミ落としを試してみても、以前のようなキレイな色に戻らないこともあります。

また、一生懸命シミ落としをした結果、シミのあった部分だけ白く色が抜けてしまった…という方もいるでしょう。

悲しいことに、せっかくのお気に入りの服なのにシミが付いてしまったことで、着る出番がなくなる…なんてこともありますよね。

シミ隠しにワッペンを付ける方法もありますが、お気に入りのワッペンがなかなか見つからなかったり、サイズが大きすぎることもあります。

そんな時に、刺繍は小さい場所を隠すのにピッタリな方法なんです。

刺繍のメリット
  • 糸さえあればすぐに作業に取り掛かることが出来る
  • コストが安く済む

このアイデアを知っていれば、今までお蔵入りになっていたお気に入りの服を蘇らせることが出来ますよ。

Tシャツ以外にも、ハンカチやポーチ、汚れがちな白いブラウスなどに刺繍するのも良いですよ。

4つのステッチを学べる

図案から少し離れたところから縫い始めの針を入れていることを説明している
出典 : YouTube

この動画では、4つのステッチを学ぶことが出来ます。

学べるステッチ
  • サテン
  • バック
  • フレンチノット
  • ストレート

ひと針ひと針、丁寧に説明してくれるので、久しぶりに刺繍に取り組む方や自己流でやって来た方にもピッタリです。

基本のき」を学ぶことができるので、刺繍をするのに非常に参考になる動画になっていますよ。

この4つの基本ステッチを習得すれば、かなりいろんなデザインの刺繍を縫うことが出来ます。

刺繍をしていると、出来上がりの写真と自分の作品を見比べて「思っていたように仕上がらない」と感じることはありませんか?

初心者の頃は、完成したときに自分の作品の仕上がりを見て、あまりに不格好すぎて落ち込むこともありますよね。

この動画では、刺し始めはもちろんですが、最後の糸処理まで丁寧に見せてくれます。

また、失敗しがちな糸のねじれや緩みが生じない方法も説明してくれて、より完成図に近い仕上がりに縫えますよ。

Tシャツ刺繍

伸縮性があり、少し縫いにくいTシャツ。動画ではTシャツを縫うコツが分かり、初めてのTシャツ刺繍も安心して取り組めます。

今回は単色の刺繍糸を使っていますが、色んな糸を組み合わせてカラフルなちょうちょを飛ばすのもかわいいですね。

「ざっくり刺す」が初心者にやさしい

簡単!ざっくり!Tシャツにできたシミを隠す!と字幕が入っている。真ん中に小さな蝶々の刺繍
出典 : YouTube

刺繍が初めてだと「説明どおりに作らなければいけない」と感じますよね。

また「刺繍は細かい作業だから、不器用な私には向いていない」と思い込んでいませんか?

平安きりん

この動画では「ざっくり」という言葉を強調してくれます。ルール通りにやらなくていいんだ、と完璧主義の心が緩みます。

自分なりの刺繍の方法があってもいいですし、何より楽しんで刺繍をすることが大切だということに気づかせてくれます。

そして、気軽に刺繍にチャレンジしてみようと思わせてくれるのです。

丁寧な説明

一つ一つの作業を丁寧にゆっくり説明してくれます。音声での説明なので、途中で動画を止めなくても作業することが出来ます。

初めての刺繍だと、直接Tシャツに縫い始めるのは勇気がいる、と思う方もいるでしょう。

まずは何かのハギレ布に試し縫いして、あとからTシャツに縫い付ける、という方法もオススメですよ。

すぐに何かに刺繍してみたくなる

いかがでしたか?見終わったあとにすぐに何かに刺繍してみたくなる、そんな動画になっています。

刺繍は、実際に縫ってみることで隙間のできやすさ、縫い目の詰まりやすさも分かるものです。

ぜひこの動画を参考にして、ざっくり刺繍を楽しんでみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2