【簡単に結べてカワイイ】丸いリボンのオリジナルお弁当袋の作り方

テーブルの上に丸リボンのお弁当袋が2つ並べて置かれている写真。右端には、リボンを結ぶ前と後の状態を比較した写真もある。画像には、切り替えのある丸いリボンのお弁当袋、裁縫DIYと書かれている。
出典 : YouTube

「Handmade SunMoon’s Sewing DIY」(登録者数5.54万人)よりご紹介します。

今回紹介するのは、丸いリボンのお弁当袋の作り方動画です。

とっても可愛くて、大人の方にもお子様にも幅広くオススメできるお弁当袋なので、是非チェックしてみて下さいね。

お弁当袋の特徴とオススメポイント

まず初めに、特徴から紹介したいと思います。

お弁当袋の特徴

お弁当袋を持って、上から見たリボンの形が分かるように映している画像。画像の下には、視聴くださりありがとうございます。今回ご紹介するのは「切り替え付きの、丸いリボンのお弁当袋」ですと書いてある。
出典 : YouTube

こちらの動画で紹介されているお弁当袋の特徴は、なんと言っても結ぶと持ち手が可愛いリボン型になることですね。

リボンに丸みを付けていることで、より可愛らしく仕上がっていると思います。

袋にはプラスナップが付けられているので、スナップボタンを留めて、あとはリボンを固結びするだけです。

平安きりん

マジックテープを付けてもOKですよ。

オススメポイント

続いては、オススメポイントのご紹介です。

こんな方にオススメ
  • 蝶々結びがまだ難しい年頃のお子様がいる方
  • 他と被らないオリジナリティを求めている方
  • 初めてハンドメイドに挑戦する方

それでは、以上3点について一つずつ説明していきたいと思います。

蝶々結びがまだ難しい年頃のお子様がいる方

子供のお弁当袋を作ろうと思った時、まずは定番の巾着型が思い浮かぶかと思います。

しかし、小さなお子様にとっては巾着紐の蝶々結びというのは難易度が高いものです。

でもこれなら固結びだけで出来るんですね。

平安きりん

簡単に結べる上に可愛くなるなんて一石二鳥です。

他と被らないオリジナリティを求めている方

私自身も、この動画に出会うまではこんな形のお弁当袋があるなんて知りませんでした。

この様なリボン型だとインパクトがあり目を引きますよね。

切り替え位置を上にして作る場合と下にして作る場合の2パターン紹介されているので、お好みで選んでみて下さい。

色や柄の組み合わせ方は無限ですね。

平安きりん

まさにそれがハンドメイドの醍醐味ですよ。

初めてハンドメイドに挑戦する方

お弁当袋の型紙の画像。30cm×13cmの表地(上)2枚。30cm×23cmの裏地(下)1枚。30cm×45cmの裏地1枚。10cm×25cmのリボン4枚。リボンの片方の端は角から縦横5cmずつ測り線で繋ぎ、丸く切り取る。画像の下には、プラスナップ1個と※すべて縫い代込みです。と書ており、右端にはお弁当袋①の型紙はコチラと書いてある。
出典 : YouTube

こちらの動画は、実際の制作手順を撮影したものに加え、テキストによる丁寧な説明が付いています。

初めてで自分に作れるかどうか不安な方でも、手順を見ながらゆっくり進めていけば大丈夫です。

動画の中で型紙サイズも紹介されていますので、先に型紙を作っておくと良いと思います。

オリジナルお弁当袋で楽しいランチタイムを

今回は「Handmade SunMoon’s Sewing DIY」より、丸いリボンのお弁当袋の作り方を紹介しました。

形になってくるとワクワクしますし、完成したらきっと感動すると思います。

他にも可愛いお弁当袋が沢山紹介されているので、是非チェックしてみて下さいね。