【店の顔】ショップ名を決める時のおすすめメソッドを大公開

「ハンドメイドノート」(登録者数1,510人)よりご紹介します。

これから新しくハンドメイドショップを始めようと思った場合、何はともあれ、「ショップ名」を考えなくてはなりませんね。

とはいえ、一体どうやって決めたらいいか迷いませんか?

動画ではそんな時に役に立つ方法を伝授してくれているので、参考にして素敵なショップ名を考えてみましょう。

具体的な決め方を提案

ショップ名の決め方として、具体例を挙げている場面。白を基調とした背景に、ショップと人物の絵がそれぞれ描かれている。
出典 : YouTube

「ハンドメイドノート」にてアップされている今回の動画では、ショップ名の決め方を具体的に提案してくれています。

回りくどいアプローチもなく、名前を決める時に使えるアイデアをポンポンと提供してくれていますよ。

平安きりん

各アイデアにおいて、なぜそうすべきなのかについても併せて解説があるので、非常に助かると思います。

アイデアを投げっぱなしにして終わらないことで、ちゃんと視聴者にアドバイスしたいという姿勢が伝わりますね。

ネット上には、それこそ星の数ほどもハンドメイドショップが溢れています。

数ある中から選ばれようとするなら、動画のアドバイスにも配慮して、ショップ名を決めるのがいいかと思われます。

名付ける際に使うといい言葉についても動画では触れられていますので、ぜひヒントにしてみてくださいね。

シンプルな作りが好印象

ショップ名の決め方について解説する場面。その説明の一環として、白を基調とした背景にショップの絵、その上部に「ちょこっと」「ふんわり」などと書かれた吹き出しがたくさん浮いているアニメーションが展開されている。
出典 : YouTube

作品の作り方にしても、売れるコツなどの解説にしても、動画には分かりやすくあることが求められています。

その点から見ても、今回の動画はとても優秀であることが分かると思いますよ。

ここが嬉しい
  • シンプルなイラストによるアニメーション
  • 聞き取りやすい音声

ご紹介の動画はこういうタイプなので、知りたい情報を得やすい傾向にあります。

凝った演出を施された動画には確かに、目を引く要素が多いことでしょう。

しかし、多くの視聴者が動画を通して本当に得たいものはそこにある情報であって、娯楽的要素そのものではありません。

「ハンドメイドノート」の動画は一貫してシンプルな作りで気が散らず、知りたいことをしっかりと学べるようになっていますよ。

平安きりん

アニメーションも解説に沿ったものなので、話の内容を理解しやすくする役割を担っているように思います。

言葉で解説している内容を、アニメーションが視覚的に補っている印象です。

特に今回の動画は再生時間も短いので、知りたいことをピンポイントで教わることができるでしょう。

時間のない場合にもサクッと視聴できますので、おすすめですよ。

迷った時の決定法を伝授

ショップ名を決める方法で迷った時にはどうすればいいかについての説明をする場面。チャンネルのキャラクターを中心に、左右に2つのやり方が吹き出しで配置されている。
出典 : YouTube

今回の動画ではショップ名の決め方として、大きく分けて二つのやり方を提案しています。

そのどちらかに強く惹かれた場合は問題ないですが、甲乙つけ難くて決められないということもあるでしょう。

こんなあなたに

どちらを参考にすればいいか決められない場合のアドバイスもまた、動画の中で見ることができますよ。

迷い過ぎて訳が分からなくなる前に、そのアドバイスを聞いてみるといいでしょう。

他にも、ショップ名を決めてからやるべきことについても触れられています。

こちらはどちらの方法で決めたとしても知っておくべきことですので、動画を見て確認しておきましょう。

ショップ名は作家の顔でもある

今回は、ショップ名の効果的な決め方について解説している動画を紹介させていただきました。

「ショップ名なんて所詮はただの名前で、重要なのは作品そのものだ」と思っていますか?

それがハンドメイドの理想的な本質であるのは、おそらく間違いないでしょう。

平安きりん

しかし同時に、多くの人がショップ名に注目して作品選びをしているのも、また事実なのではないでしょうか。

そのため、選択肢に入りやすいショップ名を考えることが、作品を売るためには重要になってくるのです。

今回の記事を読んで動画の内容に興味を持ったなら是非、「ハンドメイドノート」にてチェックしてみてくださいね。

多くの人に受け入れられる、素敵なショップ名を付けられるよう祈っていますよ。

こちらもチェック!
ハンドメイドチャンネルのインスタグラムにハンドメイドノート投稿者みきさんのインタビューを掲載しています。
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2