【トラブル防止策】作品販売に重要な「注意書き」ってどう書く?

「ハンドメイドノート」(登録者数1,510人)よりご紹介します。

ネットショップで作品を販売する場合、重要なのが「注意書き」です。

作品の購入を考えるにあたって注意してほしい点を記載するのですが、内容を考えるのが難しかったりしませんか?

今回の動画では、そんな注意書きの書き方を初歩的なことから学ぶことができますよ。

注意書きについてイチから学べる

動画の内容を紹介する映像。「注意書き 書き方と例文」という文字が赤色で表示されている。
出典 : YouTube

今回ご紹介する動画の大きな魅力はやはり、「注意書き」というものについてイチから学べるという点にあります。

これからネットショップを展開していこうという場合にはもちろん、注意書きの書き方がよくないのかと悩む時にもおすすめです。

ここも嬉しい

動画の再生時間も短く、日常のちょっとした隙間時間でも視聴可能ですよ。短時間で有用なことが学べる、ありがたい動画ですね。

そもそもなぜ注意書きが必要なのかというところから始まり、書く時に押さえておきたいポイントについても解説してくれています。

シンプルなイラストを利用して分かりやすく伝えていますので、難しい話が苦手でも、問題なく視聴できると思いますよ。

悪い記入例についても解説

購入に関する注意書きの悪い記入例について解説する場面。画面半分に指輪のイラスト、もう半分に価格等が記載されている。
出典 : YouTube

注意書きについての初歩的なことに触れたら、次に来るのが悪い記載例です。

よかれと思って書いていた内容が、場合によっては購入を考えている人を遠ざけてしまう可能性もあるのだそうですよ。

平安きりん

内容別に、よくない書き方について解説しています。既に注意書きの記載をしているなら、今一度、確認してみましょう。

比較例がないと、良し悪しが分からないことも多いですね。悪い例をチェックして、自分の書き方を見直したいと思います。

たかが注意書きと侮っていては、お客様の購入意欲を削いでしまうことにもなりかねません。

悪い記載例の具体的な内容を動画で確認し、内容について顧みることをおすすめしますよ。

そしてもし当てはまるような内容だった場合には、動画後半で紹介されている例文も参考にしてみるといいでしょう。

具体的な例文を紹介してくれる

注意書きの記入例を説明する場面。画面中央に「注意書きの例文」という文章が浮かんでいる。
出典 : YouTube

もし、ショップの訪問者を不快にしてしまう注意書きを書いていたとします。

それに気付いたらすぐ、直したいと思いますよね。そんな時にも、この動画はとても役に立ってくれるはずです。

こちらも要チェック

動画の後半部分では、注意書きの例文が紹介されています。各内容に応じて、おすすめする例文が紹介されますよ。

時間がない場合にはこの部分だけ視聴して、参考にしてもいいでしょう。

どの例文も、作り手と購入者、双方に負担をかけない内容になっているのが分かるかと思います。

平安きりん

本来、お客様に対するものである注意書きも、卑屈になり過ぎては、かえってトラブルの元にもなりかねないのではないでしょうか。

相手に注意してほしいことを、いい具合にしっかりと伝える。

そのことを実現させてくれるのが、動画で紹介されている注意書きの例文だと思います。

百聞は一見に如かずなので、ぜひ動画をチェックしてみてくださいね。

余計なトラブルを招かない注意書きを作ろう

対面販売ではないからこそ、ネットショップにおける注意書きは重要なのでしょう。

面と向かって話して確認できないので、理解の不一致を防ぐために大きな役割を持っているといえますね。

平安きりん

そのため、書き方を一歩間違えてしまうと、余計なトラブルに繋がる恐れもはらんでいます。気を付けたいですね。

今回の記事を読んで、注意書きの重要度に関心を持っていただけたでしょうか。

さらに詳しく知りたいと思ったなら是非、「ハンドメイドノート」にて公開されている動画を覗いてみてくださいね。

よりよい注意書きを記載すれば、売上アップも夢ではないかもしれませんよ。

こちらもチェック!
ハンドメイドチャンネルのインスタグラムにハンドメイドノート投稿者みきさんのインタビューを掲載しています。
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2