【作業場も可愛く】マグカップと組み合わせて作るピンクッション

「Keiko Olsson Sewing Channel」(登録者数17.4万人)よりご紹介します。

今回はマグカップをアレンジして作るピンクッションの作り方動画のご紹介です。

縫い針などを刺して置いておくピンクッションは、手芸の必需品。

平安きりん

身近なもので作れてしまう上とても簡単なので、ぜひ作り方をチェックしてみてください。

身近にあるお気に入りの布・器を使って、あなた好みのピンクッションを作ってみませんか。

カップのサイズから作るからキレイ

定規でマグカップのサイズを計測する画像
出典 : YouTube

ピンクッションの作り方に簡単に触れると「器にクッションを詰めるだけ」なので、とても簡単です。

しかし、仕上がりの美しさにこだわるなら、このクッションのサイズに注目しましょう。

平安きりん

用意した器にぴったりサイズのクッションを作ることが、仕上がりの美しさを大きく左右すると言えます。

そこで今回の動画の最初で、まずピンクッションに使うマグカップのサイズを計測しています。

サイズをよく確認した上で、ぴったりサイズのクッションを作っていってくださいね。

動画では傷が付いてしまったオーガニックカップが使われていますが、ある程度の深さがあればマグカップ以外でも作れます。

平安きりん

手持ちのカップ、はたまた雑貨店で見つけたお気に入りのカップを使って、可愛いピンクッションを作り上げていきましょう。

ピンクッションだからこそワタは多めに

ピンクッションに詰めるワタを準備する画像
出典 : YouTube

ピンクッションは、針を刺してしっかりと固定しておくためにクッションとしてはかなり固めに作られています。

この固めのクッションを作るために必要なのは、ワタをたっぷりと入れること。

平安きりん

そこで、動画内ではこのミニサイズのカップに対して画像の分量のワタが用意されています。

もちろんワタの量に明確な決まりはありませんが、このカップとワタの分量を目安に準備するのが良いでしょう。

このワタをギュッと固めて器の中に詰め込むことで、固めで使い勝手の良いピンクッションが出来上がります。

全編手縫いで作るからミシンなしでもOK

円形にカットした布の端を波縫いする画像
出典 : YouTube

ミシンを使った小物作り動画の多いチャンネルですが、今回の動画ではミシンは一切使われていません

縫うべき部分はすべて手縫いで作られているため、手軽に作れるのも嬉しいポイントですね。

しかも、今回のピンクッションで縫う部分はたった一箇所。

平安きりん

布にワタを入れるために口を閉じる部分のみなので、縫うのが苦手な人でも簡単に作れてしまいますよ。

こんなにも簡単なのは、こちらの動画が「Stay at Homeプロジェクト」の一環だから。

自宅にあるもので簡単に作れて、おうち時間がもっと楽しくなるアイテムの作り方企画として紹介されているのです。

「おうち時間が増えた今、ハンドメイドに挑戦してみたい」と思った方にもおすすめのハンドメイド動画ですね。

作業がほとんどノーカットでわかりやすい

今回のピンクッションは作り方が非常にシンプルで、慣れれば30分足らずで作り上げることも可能です。

そのため、今回の動画は作り方をほとんどノーカットで紹介されています。

平安きりん

一連の作り方の流れをよく確認しながら作っていくことができますよ。

もちろん作っていく上で必要な部分はテキストでも丁寧に解説されているので、この点も嬉しいポイントですね。

今回の動画でピンクッションを作ったら、次はチャンネルに投稿されている他の布小物作りに挑戦してみるのもおすすめです。

平安きりん

今回は不要なカップで作れるピンクッションのハンドメイド動画の魅力をお伝えしました。

ピンクッションは市販にもおしゃれで可愛いものが多いですが、自分で作るからこそ愛着が湧きますよね。

ハンドメイドの時間が楽しくなるでしょう。

「ハンドメイドの作業場ももっと可愛くしたい」と思った方は、ぜひ動画を参考にピンクッションを作ってみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2